思い切り笑える健康住宅をつくるなら自然素材の家

無添加素材と工法の無添加住宅は
住む人の健康第一を考えます

学生のころからの自然科学の知識を生かし、2000年にシックハウス症候群などの健康を害する化学物質を使わない無添加住宅を開発されたこだわりの無添加住宅について

無添加の家の開発者 秋田憲司さんは心意気を語る

開発者 秋田憲司氏

無添加住宅に使用する天然素材とは
〔1〕壁材:漆喰:呼吸する壁
〔2〕断熱材:炭化コルク
〔3〕屋根材:天然石
〔4〕建具・床材:無垢材
〔5〕接着剤:米のり、ニカワ
〔6〕塗料:柿渋このような天然素材だけで建てる無添加住宅は、2004年全米ホームビルダーショーに出店した際に、オハイオ州の新聞ザ・プレイン・ディーラー紙で、世界で一番自然に近い家と評価されました。
 
 

シックハウス症候群や化学物質過敏症などの

健康被害を起さない住まい!
それをつくったのが秋田憲司さんです。
秋田憲司さんが無添加住宅にこだわった理由
化学物質に含まれた毒をなくす。

 

家中がプラスチックだらけ

家の中にプラスチック(石油化学製品)以外が
見えない。

フローリングの床板は表面にウレタンが
掛かっている。その合板の上に薄っぺらな
木を貼り付けてあるんです。
だから全部接着剤で塗り固められたような
床板なんです。

はビニールクロス、塩化ビニールクロスです。

それを接着剤で貼り付けているわけです。

キッチンの人工大理石もプラスチックです。

が塩ビの扉で、中の
全部接着剤で固めたボードに塩ビを貼り付けている。

洗面所の扉もそうだし、
一体どこにプラスチックでないものが
あるんだろうという位、プラスチック漬けなんですね!

プラスチックをとかしたものが接着剤
それを溶かす有機溶剤はシンナーなんです。

無料資料請求はこちら ☞

新築住宅がシックハウスなんて?!

そのシンナーを挟み込んで、そのシンナーがゆっくりと出てくる。
それを家の高気密、高断熱で閉じ込めたまま吸って良い訳がない。

無添加に賭けるこだわり
そのきっかけは、ハウスシック症候群に
お悩みのご家族との出会いにあったのです。

無料資料請求はこちら ☞

安心して年住める家。

素材そのものが100年以上使えることは、
歴史が語っているのです。

漆喰は、劣化しませんので50年ほっておいても平気。

屋根は石(ほぼ半永久的)、壁は漆喰

劣化するものなんか使っていないんです。

ヨーロッパには、100年保っている家がいっぱいある。
年代が経って家は恰好が良い。
アンティークになる家は素晴らしいと思いました。
時がたっても、安全で美しい住まい!

それが・・・
コストダウンの取り組みと努力で
誰もが普通に安心して暮らせる家。

無添加住宅で使う素材は商社を挟まずに
直輸入でのコストダウンに成功。

世界中に独自のルートを開拓。
輸入した素材は国内の倉庫で一括保管。
徹底した品質管理を行っています。

さらに無添加住宅のオリジナルの漆喰を使うことは、
一度塗りを実現させたのです。

施工期間が大幅に短縮されて、
コストダウンを成功させた。

天然素材の家を出来るだけ安価に、
誰もが安全で暮らす健康に暮らせてこそ本当の住まい。

住む人の健康を第一に考え、
無添加の素材と工法で住まいづくりを進めています。

無料資料請求はこちら ☞

 

 

無添加住宅の特徴
体に悪いものは使わない。

体に良くないものは使わない。
健やかな無添加住宅の提供に努める。

化学物質を排除し、極限まで天然の素材に
こだわった住まいが無添加住宅です。

住む人の健康を第一に考え、
無添加の素材と工法で、
快適な住まいづくりをモットーにされています。

 

無料資料請求はこちら ☞

 

 

無添加住宅に使用されている
天然素材について

 

天然素材〔1〕壁材:漆喰:呼吸する壁

日本中で愛されてきた漆喰
半永久的な耐久性を持つ漆喰壁の堅牢さは、
世界中にある歴史的な建築物が物語っています。

 

漆喰の特徴その1:調湿性能を持ち結露しにくい

多孔質の素材であるため優れた「吸湿性」「放湿性」がある。

漆喰の特徴その2:耐火性能を持ち火に強い

漆喰は不燃性の素材で構成された防火材。
化学建材のようにダイオキシンなどの有害ガスを発生することがありません。

漆喰の特徴その3:高い安全性能

漆喰は化学接着剤を必要とせず、シックハウス症候群の原因である
トルレンやキシレンなどの有害な化学物質を出しません。

漆喰の特徴その4:お手入れ簡単なメンテナンス性能

チョットした汚れは、消しゴムで消すかカッターナイフで削って
落とすことができます。お客様自身でお手入れが可能です。

    漆喰壁塗り

無料資料請求はこちら ☞

天然素材〔2〕断熱材:炭化コルク

エコロジーなスーパー断熱材

炭化コルクは断熱性だけでなく、
「空気の浄化」「吸湿作用」にも優れているのです。
無添加住宅は炭に囲まれた家なのです。

 

天然素材〔3〕屋根材:天然石

古くなるにつれて味わいのある美しい風格

ピレネ山脈の山あい、
スペインとフランスに国境を接したアンドラ公国。
石葺き屋根と石張り壁の天然素材で作られた家に、
人々が何百年にもわたって住み続けています。

アンドラの石積の家は、古くなるにつれて
深みと風格が出て、アンティークになります。

東京駅にも石葺き屋根の美しい建物が存在します。

屋根部の熱を自然の風力で換気することで
従来の屋根以上の涼しさを実現しています。

この方法は特許取得の引掛け工法は、屋根しろが少なく、
和瓦よりも30%も軽くふくことができます。

天然石なので廃棄時に二酸化炭素や
化学物質を排出することもありません。

無料資料請求はこちら ☞

 

天然素材〔4〕建具・床材:無垢材

天然の木目と色彩のフォルムが魅力

無添加住宅の無垢材は、70℃の高温室に約1週間入れて、
防虫・防カビ処理を行っています。
また、出荷するまでに-20℃の冷凍殺虫も行っており
人や環境に有害な薬剤を使っていません。

無垢材の素材は様々。
ゆっくり年月をかけて育ってきた天然材だからこそ、
温もりと安らぎを人々に与えることができるのです。

天然素材〔5〕接着剤:米のり、ニカワ

食べられる接着剤

お米で作った米のりや、動物の骨や皮を煮て
生成したにかわは、どちらも食べられるものです。

米のりは、たくさんのパーツを米のりで貼り合わせた仏像のように
100年以上も、持つことが分かっているものです。

無添加住宅では、ドアやキャビネットの扉などに
米のりを接着剤とした集成材を使用しています。

ニカワは、ゼリーをつくるゼラチンや食品に
使われるコラーゲンと全く同じもの。

高温では液体ですが、低温になるとすぐに固体化し、
わずか5秒で接着できる優れた瞬間接着剤なんです。

 

天然素材〔6〕塗料:柿渋

防腐防カビの優れた自然の力

柿渋には、優れた防腐防カビの効果があるのは、
タンニンという成分が含まれているからなのです。

青い時の柿はタンニンだらけで、食べても渋いため、
人も動物も手を出せないのです。

タンニンは植物が生きるために必要な防具のようなものなのです。

このような天然素材だけで建てる無添加住宅は、
2004年全米ホームビルダーショーに出店した際に、
オハイオ州の新聞ザ・プレイン・ディーラー紙で
世界で一番自然に近い家と評価されました。

無料資料請求はこちら ☞

 

 

 


新築に当たってこのようには思いませんか?

 

新築の家でシックハウスだなんておかしい。
換気しないといけない家なんてそれだけで危険だということでは・・・。
だから安心して暮らせる家じゃないなんて!なんで???

住環境ってほんとうに大事なことなんですよね。

無料資料請求はこちら ☞

 

 

 


指針値物質の濃度(健康影響濃度)
TVOC測定で室内空気の質を調査。

化学物質 無添加住宅 μg/㎡ 国の指針値 μg/㎡
トルエン  260
エチルベンゼン 3800
スチレン 0.2未満  220
キシレン 0.2未満  870
アーシクロロベンゼン 0.4未満  240
テトラデカン 0.1未満  330

    調査場所:無添加住宅モデルハウス

トータルVOCとは、室内の空気の汚れを総合的に図る測定方法です。
無添加住宅と一般住宅のTVOC比較を見れば
空気の質の違いが明らかに異なることがお分かりになると思います。

さてあなたは新築するにあたって、
どのような選択をされますでしょうか?

取りあえず、資料だけでも取り寄せてみませんか

<

p style=”text-align: center;”>無料資料請求はこちら ☞