老後を笑顔で暮らすには準備が大切です

■目次

■ 老後に笑顔生活を送る準備について

老後生活を生きがいを感じ幸せに生きよう

これまでに健康とお金に関わるお話をしてきました。
定年を迎え一段落して、ゆっくり休んで、
趣味や旅と言った一過性に三昧する試みは永く続きません。

そこで、老後を夫婦円満で明るく楽しい家族生活を送る
ライフプランを考えてみたいと思います。

あなたは、老後を笑顔にして幸せ生活を送るために、
さまざまな知識を学ぶとか、
長期歴なプランを立てて準備をしていますか?

快適で豊かな人生を送るために、
準備はとても大事なことです。

これまでは、両親や祖父母の生き方に接していたけれど、
いざ自分のこととなると老後のことは微塵も感じてこなかったかもしれませんね。

最近のニュースなどで年金支給がなくなるかもしれない。
などと言うことを聞くと、穏やかな気持ちでいられなくなり、

快適な老後を過ごすための資金・資産や老後の医療費などの
ライフプランに関心を持たれる方も増えてきているようです。

この対策は、早く準備を進めるに越したことはありません。

ページトップへ戻る

 

老後というものを考えてみましょう。

2015年の日本人の平均寿命は男性が80.79歳 、女性が87.05歳

例えばて定年退職が65歳としても、
男性で15年以上、女性は22年以上もの
自由に使える時間があります。

これまでは時間が欲しかったあなたでも、時間だけはタップリしています。
この時間をのんびり過ごすも、何なの活動に生かすもあなた次第ですが、
何か意義ある活動に使いたいとは思いませんか?

老後にはどうありたいと考えますか
老後を笑顔にして幸せ生活を送るには、必要な条件があります。

ページトップへ戻る

 

老後に幸せな笑顔生活を送る条件

一つは、前に取組みました健康であることです。

そして、生活するためのお金の問題です。

この件もお金を稼ぐマナーについてお話しました。

お金については、
年齢が行ってから、多額の投資や過酷な労働などを考えずに、
豊かな老後を送るために必要な資金から、年金分を差し引いた差額を
準備できるように考えて行動しましょう。

老後の平均コストは25万円が平均だそうです。
インフレが続くとこの金額は、上がっていくことは必須です。

そこである程度ゆとりある生活を送るには、
35万円程度が必要となるそうですのでこれを参考にして計画してください。

そしてさらに貯蓄プランを立てることです。
期待が薄れていく年金を当てにしない、貯蓄計画を立てましょう。

今後20年間をある程度豊かに過ごすには
年間35万円×12ヶ月=420万円
年金収入200万円とすれば220万円の不足
220万円×20年間=4,400万円の貯蓄を目指さなければなりません。

これをクリアできれば一応の経済的必然性を満たしたことになります。

達成出来なかった場合には、適度の仕事量を
計画的にこなしていく必要があります。

このビジネスについては、こちら>>>

ページトップへ戻る

健康とお金・資産

そしてここでは、健康とお金・資産が前提として次へ進みます。
老後生活において、夫婦、家族が笑顔で暮らせることです。

ここでは、夫婦、家族が笑顔で暮らすことについて検討してみましょう

豊かな老後を送るための選択肢
意外に早くやり尽くしてしまう老後の夢

定年を迎えられた方々の多くは、

旅をしたい、
趣味を楽しみたい

といった漠然とした夢は、
老後の生活を初めて3ヶ月から半年の間に
崩壊してしまうそうです。

そのために、長期的プランをしっかり持つことをお勧めします。

もう時間を気にするような生活はないのですから
自分の趣味を極める、博士業を取るとか、
NPOを立ち上げて社会に貢献するとか、
あなたのやりたかった夢を実現して見ませんか?

このようなプランを立てていくと生きがいが生まれ、
輝く老後生活になると思います。

できることなら、豊かな人生経験を生かして、
人や地域に貢献できて、感謝されると冥利に尽きますよね

ページトップへ戻る

定年後に知る意識のギャップ

定年後にわかる大きな意識のギャップとは
企業をバックにして働き、勤務して実績を上げていたとしても、

老後のビジネスでは役に立ちません。

そのために、新たな学びと労働が必要になります。
そしてこれを謙虚に受け入れていく必要があるのです。

何も長時間する必要はありませんし、
費用をかける必要もないのです。

ですがこの新たな学びと労働は、
新たな喜びを生むことになります。

ページトップへ戻る

老後生活のパターン

老後は

・一人で暮らす
・妻とふたりだけで暮らしたい
・子供と同居したい~
と望む方もいると思います。

子供と同居を叶えるなら、魅力ある家づくりをすることです。
駅近の交通の利便性の良いところ、買い物便利
幼稚園、学校に近いなどの立地の良いところに
二世帯住宅を構えることです。

そして親と同居することで、経済的リスクの軽減や
孫の面倒を見ることもできれば、助かりますよね

このようなことを考えて、
住まいづくりをすることも大事かもしれません。

ページトップへ戻る

リタイヤ以前に学んでおきたい

リタイヤ以前に必ず学んでおきたい家事と料理

家庭内の諸問題や家事、料理などについては、
これらのほとんどを奥さんに任せきりだったことでしょう。

実は熟年離婚や家庭内離婚の多くの原因が、
こんなところにあったりするのです。

現役時代は、まだ許されるでしょうが
リタイヤ後において、同じ考え方は・・・どうでしょう。

奥さんの立場からすれば、
「私だって頑張ってきた。でも、私には真の定年はやってこない」
ということなんですね。

とにかく定年後は条件が同じだということを理解しましょう。
生活環境をシンプルにしましょう
年収は減り続けていきます。

そのために、一般的には支出の削減が必要となります。

これまでの豊かな生活を切り詰めていくことには、
とても抵抗があるはずですが、受け入れましょう。

逆にこれまで消費してきたものの中で、無用の長物と化し、
無駄をしたものが可成り見当たるのではないでしょうか

このようなものは、早急に処分して
身軽になることです。

このようにして身軽になった部屋には、
新たなものの購入を制限することが大事です。

そして習慣化しましょう

ページトップへ戻る

老後の「旅」計画について

旅もマンネリ化して、飽きが来ると良います。

そのために、旅を楽しむ方法があります。

1.旅する県の名所を最低3か所、見て回ること。
2.その地の名物を口にすること。
3.宿泊地付近では必ず1枚以上スケッチすること。
4.都道府県庁を訪れること。

等のキメをつくることで、マンネリ化を防止します。

ページトップへ戻る

老後の生きがいについて
意外に多いのが労働意欲です

定年を迎えると、今まで突っ走ってきたから、
何もしないでのんびりと過ごしたい、と考えているようですが、
ある時期を過ぎると、趣味や旅行などをしている内に、

あっという間に時間は通り過ぎていき、
言いしれぬ虚しさだけが残ると言い、
何か仕事があれば働きたいという意志が現れると良います。
そして健康である内は、生きがいと経済的余裕を生み出す
適度な働き場が欲しいと思うようになるのですね!


今日の情報化社会では、力仕事でなくネットによる

仕事の場がたくさんあります。

ですからそのような方向に、働きを求めてみてはどうでしょう!

特に年金生活者には、このような分野に価値観を求めて、
意識改革を行いチャレンジしてはどうでしょうか?

特に現役時代、精力的にビジネスをこなしてきたあなたにとっては、
人様に喜んでもらえる情報を提供し、生きがいを感じながら、
ビジネスを展開することを考えることも良いと思います。

それも一日中働き続けるということでなく、
一日の1,2時間を当てるだけでいいのです。

その中に必ず域外遣り甲斐が出てくると思います。

できることなら、できるだけ自分の魂を磨きながら

同時進行できると尚結構な話ではないだろうか、と思います。
貯蓄が充分ある方にとっては、ボランティアに目を向け、
社会貢献の道を選ばれると、さらに充実した老後生活となるでしょう。

<

p style=”text-align: right;”>ページトップへ戻る