買った鑿を使う前に!!カツラを落とす

買ったノミを使う前に!!カツラを落とす。『カツラ落とし』とは?

 
 

 

初めて買ったノミは、使用前に『カツラ落とし』と言う手入れを行うと、ノミを永く使えます。
買ったノミは『カツラ』と言う、柄の先端にある金輪がはめ込まれています。
関西方面では『下がり輪』と呼んでいます。

しかしこのままの状態で使用しますとカツラが柄にかぶさり、使うたびにカツラが外れて、最後には外れてしまい、使えなくなってしまいます。写真下

そこで『カツラ落とし』と言う作業を行い、写真の様にします。

こうすると、使っている内にカツラが徐々に下へ落ちて行き、ノミの寿命を延ばし、末永く使えるようになります。
 
では その落し方ですが、まず カツラを抜きます。抜き方は自由です。
   
1.金槌で抜く方法と、
2.ジグ(別売り)を万力に取り付けて抜く方法、
3.直接ノミを木工用万力に挟んで抜く方法と色々あります
 
お勧めは・・柄にキズは付き、時間が掛かりますが、1.の金槌で抜く方法をお勧めします。(金槌で叩きますので柄がキズだらけになりますが他の道具が要らず、しかも安全だからです)
2. 3. で抜く方法は簡単ですが、ジグや万力が必要ですし、特にノミが真下に落ちますので注意が必要です  【布かキャップを必ず付けて抜いてください】写真参照
  
抜けましたら

カツラを半丸鉄工ヤスリで、カツラ下の部分を少し広げる様に削ります。
同時に柄の部分もカツラ跡の段差が無くなるように、少し平らに削ります。
  
 
削り終わりましたら、再度カツラをはめ込みます

カツラの周りを金槌で叩き、カツラを柄の先端から2~3㎜位まで落とします。

柄の先端の隅を叩きながら丸くします。

丸くなりなりましたら、カツラ落としの完成です。
  
使って行く内に 徐々にカツラが下がっていきます。
また 金槌が直接カズラに当たらない為、持ち手に叩く時の衝撃が柔らかくなり、使いやすくなります。
ノミを買われた方、使われている方!!ぜひ『カツラ落とし』を行って末永く鑿を使ってください。