コーヒーブレイク!美味しいコーヒーの入れ方と世界一高い?コーヒー豆紹介

コーヒーブレイク 索引
美味しい珈琲の入れ方と世界一高い珈琲豆
至福な快感を実感
■ 世界一値段の高い珈琲とは!
■ アラミドコーヒーの3つの特徴
希少珈琲 感想
アラミド珈琲の驚愕の正体は・・・
美味しいコーヒーを入れるための準備

 

美味しい珈琲の入れ方と世界一高い?珈琲豆

シナリオづくりお疲れ様です!

リフォームシナリオづくりに根を詰めの合間に、美味しいコーヒーを入れて一息しませんか。
美味しいコーヒーの入れ方や、アッと驚くような世界値段が一高いと言われ?世界一ユニークな発酵を経、一つ一つ手拾いされた、世界一希少なコーヒー豆の情報を伝えます。その名は映画『最高の人生の見つけ方』で話題となりご存知かもしれませんね!噂の珈琲ジャコウネコ。そうアラミドコーヒーです。珈琲 好きな方や父の日のプレゼントに喜ばれている。世界一というと人によっては不評を買いますが、自分にとってはその位ビックリする珈琲と軽く受け取って下さいね!

 

 

スポンサードリンク

ページメニューへ戻る

 

 

至福な快感を実感

■ 世界一値段の高い?珈琲とは!

つかの間のひと時を、
映画『最高の人生の見つけ方』で話題を引いた、
珈琲界きっての希少の世界一高いコーヒー

と言われるような
『アラミド珈琲』で、一服!

至福なひと時の快感を味わって、
頭を休めてはいかがでしょうか?

世界の富豪家たちが愛飲していると言われている、
アラミドコーヒの正体とは、
実はジャコウネコの糞から採られる
未消化のコーヒー豆を一粒ずつ拾い集め、
しっかり焙煎されている希少価値の高いものなんです。

だから高いことも理解でと思いますが、
でも、ビックリですよね!

このコーヒーを、『アラミド・コーヒー』すなわち、
ジャコウネコ珈琲で有名な『カペ・アラミド』といいます。

 
 
 

ページメニューへ戻る

 

 

■ アラミドコーヒーの3つの特徴

詳細はこちら
【送料無料/代引き不可】カペ・アラミド珈琲100g★カペアラミドコーヒー テレビ朝日「ハナタカ…から)
ご確認ください。

 

● 世界一希少

手作業のため1日に1人1キロしかとれません。
そのため、幻のコーヒーとして、世界一「希少」で
お値段も「世界一高いコーヒー」と言われています。

 

● 世界一の香り

ローストを行うとフルーティーな甘い香りを醸し出し、
ダークチョコレート、ヘーゼルナッツの味と香りを持っています。

カペ・アラミドは化学物質ゼロ100%自然界から
作り出された生きた味と香りを持つコーヒーです。

 

● フェアトレード

コーヒーは石油に次ぎ世界で2番目に高い貿易取引高です。

※フェアトレード(公平貿易)とは、
発展途上国で作られた作物や製品を
適正な価格で継続的に取引することによって、
生産者の持続的な生活向上を支える仕組みです。

 

 

ページメニューへ戻る

 

 

希少珈琲 感想

80代の男性30代女性 30代女性
入院中に、孫にプレゼントでもらいました。
聞くと、「最高の人生の見つけ方」という
映画に出てくるコーヒーとのこと。
孫の気持ちとコーヒーの素晴らしい香りで
心が前向きになりました。
幸せを呼ぶコーヒーなのかも知れませんね。
有難うございます。
コーヒー好きの父にプレゼントで購入しました。
テレビで見てから飲みたいと言っていたので、
届いたときには大変喜びました。
 
父からはとても飲みやすく
香りがフルーティだったと聞いています。
今度は自分用に購入したいと思います

ページメニューへ戻る

 

 

アラミド珈琲の驚愕の正体は・・・

インドネシアのコーヒー園で栽培されている、甘く熟したコーヒーの実は、
ジャコウネコの格好のエサとされていますが、
食べた実の種(豆)は消化せず排出します。

 

現地の農民はその糞を手で一つ一つ拾い集め、
糞の中のコーヒー豆を取り出して、きれいに洗浄し、
よく乾燥させた後、高温で焙煎士生成されたのがアラミド珈琲です。

 

100%自然界から作り出された生きたコーヒーです。

 

ジャコウネコの会陰線から放たれる麝香(じゃこう)の香りは、
ジャコウネコの大きな特徴であり、

その香りはクレオパトラの香水の原料にも使われたというだけあって、
お腹の中で発酵する珈琲豆は、独特の風味があり、甘みがあります。

 

焙煎の度合いは、
独特の香りを失わないために、シナモン色の浅炒りにしてあります。

 

その分酸味を感じますが、フルーティーで過度のない酸味になっています。
苦味が少ないのでブラックコーヒーが苦手の方でも味わえる珈琲です。

ということで、伝えられていますので、
私も友人に一服いただきましたが、その感想は・・・?!

特徴ある味だったと記憶しています。

 

 

ページメニューへ戻る

 

 

美味しいコーヒーを入れるための準備

1.コーヒー、できれば豆のままの状態で、
常温で空気に触れさせないように保存していくのが好条件です。

コーヒー豆の鮮度は、保存状態に左右されるのです。
またまめはできるだけ飲む前に粉にするのが美味しいとされています。

・湿気に注意。冷蔵庫での保存は避けましょう。
・直射日光を避けましょう。

2.水:飲んでおいしい水を75度~85度が適温とされています。
  (温度を下げると苦みが減り香りが増えます。)

3.コーヒーカップ:抽出温度が下がるので、器具は予め温めるようにします。

4.むらす:コーヒー粉を十分お湯でふやかします。
  (蒸らしてエキスを出やすくすることが目的)

5.気持ちを入れる。:『美味しくなれ』と祈るのではなく、
このコーヒーは自分が『美味しくするぞ』と自分に祈るのです。

気持を込めて丁寧につくられたコーヒーと、
そうでないものとでは、天と地ほどの味の差があります。
 
※もし、苦い!渋い!と感じたら、お湯の温度を下げてみましょう。
むらしの段階も含めてお湯の温度を下げると、苦みが減って香りが増えます。

 

準備するもの
1.サーバー:予め温めておく。
2.ポット口細のものをお勧めします。
3.コーヒー分量:人数+1
4.ペーパー:乾いている。
5.ドリッパー:予め温めておく。

 

ミル コーヒーサーバー ポット(浄水器)
珈琲計量カップ ペーパー ドリッパー

ページメニューへ戻る

 

 

美味しいコーヒーを入れるための手順

○注ぐお湯は、熱湯を使うと苦くなります。75度~85度がおすすめです。
 温度が高いと苦くなり、温度が下がると苦みが下がり、香りが増えます。

○コーヒー豆:粉の量は一人で13gがおすすめです。(ティースプーンで約3杯)

■ 手順

記をクリックして頂けると美味しいコーヒーの入れ方が分かります。

 

 

 

ページメニューへ戻る

コメントを残す