インテリアについて!インテリアは時代にふさわしい『住み心地』を演出しよう

3.1.0.インテリアについて索引am500_in068
インテリアは『住み心地』の時代に適合
インテリアの変遷!
インテリアについて!
●温もりのある室内
●暖炉の温もりは安心感を
●安心とやすらぎのインテリア
●インテリアとは
●住み心地に必要なインテリア

インテリアは『住み心地』の時代に適合

インテリアの変遷

インテリアは時代を映し、時代にあった『住み心地』を演出することができます。時代感覚に敏感に対応するか、思い出を重ねる伝統的感覚を大切にして行くかによって、スタイルが異なり、使用する素材や部材、色などが変わります。変わらないのは『住み心地』という点です。
ここでは、住まいが『住みやすさ』から『住み心地』を求める時代への変遷について大雑把に解説します。

 

価格.com リフォーム 無料で簡単。
一括でお近くの施工店に見積り依頼!

システムキッチンを
業界最安値で販売施工

屋根・外壁塗装を無料で
一括見積もりするならこちら

ページメニューへ戻る

インテリアについて!

●シェルターからやすらぎの時代

住まいは、家族にとって唯一のよりどころです。
その住まいは、生命を守り、安全な場所を確保する場として
人間の持つ本能から出発しました。

雨露を避け、暑さ寒さをしのぎ、外敵から身を守り、
安心して眠ることができるシェルターとしての住まいは、

時代の進化と共に、安らぎを求めるようになりました。

ページメニューへ戻る

●温もりのある室内

西洋のインテリアの起源は、
英国ジョージアン王朝時代と言われています。

この時代の石壁に囲まれた室内空間は、
肌触りが冷たく、圧迫感がありました。

その空間に、綿や羊毛で織った布を壁に掛けるだけで、
温かく居心地よいものに変わり、

さらに布を、床に敷き、壁にもう一枚と部屋を覆うことで、
肌寒く冷え切った空間は、温もりある空間へと変化したのです。

布で覆うことの効果はそれだけにとどまることなく、
無機質の味気のない石の壁や床に、豊かな色彩をもたらし、
人々の目に美しいという感性を呼び起こしたのです。

これに加え、壁に紙を貼ったり、美しい絵を飾ることで、
人々の大きな喜びを与えるようになったのです。

ページメニューへ戻る

●暖炉の温もりは安心感を

床壁天井の飾りに加え、炎が燃え上がる炉は、
肉を焼き野菜を煮るといった調理のため、
暗闇を照らし出す明かりとして、

冷え切った体を温める暖房のためにも、
重要な存在だったのです。

今日でも家族みんなで、1つの炉を囲むことは、
身体が温まることだけでなく、
気持ちの安心感につながるものです。

この炉は時代と共に、壁際に作り付けるスタイルに変わり、
煙突をつけた本格的な暖炉として、居場所を確立しています。

暖炉は室内設備としての機能を持ちつつ、いつの間にか、
暖炉の形や大きさ、デザインを、家の格式の目安とされたのです。

インテリアの起源は大雑把に、このようなものだったのです。

ページメニューへ戻る

●安心とやすらぎのインテリア

しかし、今日の住宅は、
すっかり和洋折衷形の住まいが定着しています。

洋風化が多く採用されるに至った経緯は、
和室が、寝起きする寝室、食事をする場、団欒の間として、
多用途に使用されてきました。

この和室のオールマイティーの生活スタイルが、
リビングルーム、ダイニングルーム、キッチンルーム、
子供部屋、寝室、バスルーム、洗面所、トイレなどの、
食寝分離型に大きく変わったことです。

分離された部屋は、それぞれ床壁天井で囲まれた空間ですが、
それぞれの用途に合わせ、設備や装飾を施すことで、
安心とやすらぎのある住まいに変身するのです。

この変身に大役を果たすのが、インテリアなのです。

ページメニューへ戻る

●インテリアとは

インテリアとは、室内空間を彩る室内装飾品のことで、
家具、照明器具、キッチンセット、本棚、絨毯カーペット、
など全てが含まれます。

これらを総称してインテリアと呼ばれています

ページメニューへ戻る

●住み心地に必要なインテリア

住み心地の良いインテリア!
今日の住まいは、『住みやすさ』から『住み心地』
を求める時代へと、大きく舵を切っています。

和洋折衷スタイルが定着し、分離されたお部屋は、
インテリアを工夫し『住み心地』を求めるために
床・壁・天井の使用素材選びやカラーコーディネートが
大変、重要視されています。

ページメニューへ戻る

 

スポンサードリンク

お家のリフォームに悩む方は必見サイト!
※※海外発!オシャレインテリア総合通販【Homezakka】※※

卸価格で小売りも承ります。
お洒落な生活雑貨・ユニークなインテリアアイテム全揃い。

割れ物も心配なく、大事にお届けします。
新築やお家のリフォームに【Homezakka】が全力応援します。

送料無料なアイテムもたくさん。

詳しくホームページへご検索ください。

<

p style=”text-align: right;”>ページメニューへ戻る

2.2.ディレクターの役割と心構

 

ディレクターの役割と心構

ディレクター(施主)の役目

住宅リフォームディレクターの役割と心構

住宅リフォームディレクターは、director-images

①家族の成長に相応しい器造りをする、
②経年による住まいの維持管理をする、

という目的達成が一般的です。

リフォームの「きっかけ」は、
家族や住まいへの思いやりの気持ちや、

愛情などから生まれことが多く、
家族の さらなる至福生活を望んでいるのです。
そのディレクターが描いている、
至福の将来像を実現していくのですから、

ディレクター自らが果たして欲しい、
役割と心構えをお伝えします。

簡単に言えばこう表現できます

3hashira-diredtor

 

 

 

ディレクターの役割り内容

スポンサードリンク

 

1.1.リフォームのきっかけをビジョンにまとめる

リフォームする目的

リフォームをすると決めたキッカケは、%e7%9b%ae%e7%9a%84%e2%80%90%e7%9b%ae%e6%a8%99images
チョッとした感情や思い付きよるものと思います。

この何気なく思える感情や思い付きというものは、生活の中で常々思っていた潜在意識が顕在化したもので、リフォームを進める上で、貴重なキーポイントです。

その理由は、
リフォームする目的そのものとなり、
これから作業を進めていく指標となるのです。

そしてこれを土台に、家族一丸となって、
リフォームを成功させるため、
明確なビジョンを作り行うと言う訳なんです。

 

2.気付きの心を家族や関係者に理解と協力を得る。

では早速、ディレクターのチョットした
思いつき、きっかけを整理して見ましょう。

方針を決める

ここでは「何処を、どのようにしたい」%e6%8c%87%e6%8f%aeimages
などの方針を明確します。

ここでは、ディレクターの思いを
家族と関係者に、リフォームを行う思いを伝えましょう。

家族が、リフォームで得られるメリット
そしてどのような生活リズムを演じたいのか

などについて、説明します。

そして家族の皆が、納得し喜んで、
感動感激を得られるリフォームとなる必要があります。

ここでまとめたビジョンは、リフォームの指針となり、
リフォームが成功するまでのシナリオを纏め、
皆が理解できる立体図にして、全体像を表示します。

これが出来上がれば、リフォームが成功したも同然です。

この全体像とシナリオを持って工務店と交渉をし、
思い通りのステージづくりをしてもらうのです。

この全体像づくりを完成することに集中しましょう。

 

3.資金調達の裏付け確認

ディレクターの重要テーマ:資金づくり

資金調達は、何よりも最重要です。imagesi8s1ovxo
自己資金+借入資金(親族や金融機関)

必要資金には、
直接工事費、手続き費用、工事に関わる火災保険など。
カーテン、家具、照明器具、暖冷房設備などの
付帯設備費用など、色々な必要資金が考えられます。

このサイトでは、資金調達について、
目途がついているものと解釈し、省略します。

資金調達が、何よりも大切なことですから、
真剣にお考えください。

特に契約締結時には、
支払い方法が余り先行しないように注意しましょう。

このときに工事工程表が役立ちます。

特に注意することは、口約束で仕事を進めないで、
必ず、今日打ち合わせしたことについては、
日時、内容、費用負担、工期、打ち合わせ責任者の署名、押捺
された書類を取り交わしておくことが大事です。

 

4.リフォームパートナー工務店確保

リフォームパートナーである工務店の確保は、
ディレクターにとって最重要課題

住宅リフォームを成功させるためには、
お互いがwin-winの関係を持つことが大事です。

●工務店選びには、
数社から相見積もりを取り寄せ比較しましょう。

●工務店の所在地が、できるだけ近いところにあること。
なども比較します。

●リフォーム工事瑕疵担保責任が負える工務店、
アフターメンテの良い工務店を選びます。

を心掛けましょう。

工務店の選び方は、別のところで解説します。

見積比較は
ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!
に依頼できます。

 

 

 

ディレクターの心構え

住宅リフォームは生活改善のチャンス

 

住宅リフォームは生活改善のチャンスでもあります。
日頃、空気や水のように当たり前に暮らしている住まいに、
心底、「ありがとう」の感謝の気持ちを表しませんか?

ご家族がより一層幸せになることを目指し、
これまで以上に

“安心とやすらぎ”の息使いが感じられる、
ライフステージづくりが良いですよね!

住まいは、何も語りませんが、
住宅というたたずまいは、住む人の思いが表れます。

同時に住まいは、住む人の精神的な面に
自然と影響を与えるものです。
特に内装で、しょっちゅう目にする場所の
使用している素材や色合いは、
影響力があると言われています。

インテリアの項目も参考にご検討ください。

 

スポンサードリンク

【外壁塗装の駆け込み寺】