防犯四要素!泥棒が嫌がる4つの要素とは

索引
防犯四要素!泥棒が嫌がる4つの要素とは
泥棒が嫌がるもの(要素)はこれなのだ

泥棒を下見の段階で侵入を諦めさせるのが一番%e3%82%bb%e3%82%b3%e3%83%a0bgt
住宅侵入犯罪者の共通意識
泥棒がコッソリ侵入するのを最も嫌う障害とは何か?
具体的に防犯四要素について
【1.監視の目 】

【2.「光」】
【3.「音」】
【4.「時間や手間」】

泥棒が嫌がるもの(要素)はこれなのだ

防犯四要素!

信頼のセコム・ホームセキュリティ

防犯&防災 TSSP.jp
ウォーターサーバーCoolQoo

泥棒が嫌がる環境は、①音、②光、③人の目、④いかに時間をかけさせるか、という侵入犯の嫌う4大要素を活用します。この内の音に当たる商品は凄い音がしますので、ご近所にうるさいほど良く聞こえ効果的です。
プロの侵入犯は新築よりも古い家、お年寄りの家や幼い子どもの留守居宅などが狙目です。この対象となる家庭では、防犯四要素を備えることで家人を犯罪から守る基本となります。

泥棒を下見の段階で侵入を諦めさせるのが一番

住宅侵入犯罪者の共通意識

住宅侵入犯罪者達が、共通して持つものに、jr_anzen2_4youso_image1

・ 侵入を感知されたくない。
・ 警察に捕まりたくない。

という意識を強く持っているそうです(警察庁公表)。

そのため、侵入犯は住居に侵入する前に、必ずと言っていいほど現場下見を行って、安全を確認する癖があります。

犯罪を防ぐ効果的な方法は、
この下見の段階で、この家は防犯対策がしっかりしていて、

『侵入し難い』『捕まりそうだな』といった印象を与え、
住宅侵入を諦めさせることが一番の防犯対策となるのです。

ページメニューへ戻る

泥棒がコッソリ侵入するのを最も嫌う障害とは何か?

警察庁で侵入犯罪者の取り調べにおいて、
侵入犯が住宅に侵入する際に、

犯人に心理的威圧を与え、侵入の阻止するには、
四つの要素のあることが明らかになり、公表されました。

その四つの要素とは、
「監視の目」「音」「光」[時間」のことを言います。

ここではそのことを「防犯の四要素」と表現します。

犯罪を効果的、かつ未然に防止する防犯グッズは、
この四要素を使って、侵入犯を撃退しようとするものです。

防犯グッズを効果的に配備設置し、
侵入者に威圧を与えて、
敷地内に侵入を諦めさせるのです。

では、監視の目・音・光・時間とは、
一体、何を意味し、どのようなグッズがあるのか、
具体的に見ていきましょう。

 

ページメニューへ戻る

具体的に防犯四要素について

【1.監視の目 】

監視の目とは、
住宅侵入犯は、jr_anzen2_4youso_image2

「見られること、監視されること」

を嫌います。

まさしく、侵入犯の意識にこの家は、
侵入するのを誰かが『見張っているな』

というように、防犯に無関心な人の目ではなく、
「不審なことがあったら通報するぞ」
「侵入の様子を録画しているぞ」という、
行動の伴った目の働きをもつことです。

その役目に効果的な働きをするのが、
具体的には『防犯監視カメラ』がこれにあたります。

『監視の目』の働きで侵入犯罪を、
未然に防ぐ防犯カメラ勿論、

証拠として残るビデオ録画などは、
犯人にとって最も嫌い、恐怖の存在となるのです。

 

ページメニューへ戻る

【2.「光」】

犯人は、

「見られること、監視されること」32910_01_20120425070653
を嫌がると述べました。

この事はとりもなおさず、

・侵入したことが、分かってしまうこと。
・姿が映しだされている。
・見られているのではないか。

ということを、
嫌がる心理を持っているということです。

犯人は見つからないように、隠れて行動するのです。

ですから、このような犯人に対しては、
侵入したのをキャッチして、明るく照らし、
姿を露わにする光を浴びせればいい訳です。

具体的には『センサー付きライト』がこれにあたります。
侵入犯が近づくとセンサーが働き、照明が点灯する対策です。
『光』の働きで侵入犯罪を未然に防ぐセンサーライト

ページメニューへ戻る

【3.「音」】

音により、家人・近隣に侵入を感知されるのを嫌います。34969_01_20120519181056

この心理を上手く活用して、建物に近づくのを抑止し、
犯罪を未然に防ぐための防犯対策です。

・音には、建物周囲に音を発しやすい
防犯砂利の敷詰める対策。

・センサーが感知して、警報ベルを鳴らし
音で犯人を撃退する対策。20120318231635

『音』の働きで侵入犯罪を未然に防ぐ。
『音』の働きで侵入犯罪を未然に防ぐ防犯アラームが効果を発揮します。

ページメニューへ戻る

【4.「時間や手間」】

犯人は、侵入するのに、
時間と手間のかかるのを嫌います。

その理由は、侵入に時間が掛かり過ぎると、
近隣に気付かれてしまうのではないかという
強い心理が働くからなのです。

統計的に見ますと1673_03_20080617114023

・侵入犯は、侵入するのに
5分以上かかると70%近くが諦め、
・10分以上かかると、90%以上の
犯人が侵入を諦める統計があります。

この結果は、侵入に5分以上掛かると、
隣近所に気付かれる恐れの心理が働くようです。

具体的対策として防犯ガラスや防犯サッシ、
二重サッシの取り付け。窓格子を取り付ける。

などの対策があります。

二重ロックにするなど1674_05_20080617114313
が防犯対策の要点として挙げることが出来ます。

『時間』の働きで侵入犯罪を未然に防ぐ窓補助錠

・このような対策を講じている住宅には、
侵入することを諦めるというデーターがあります。

ページメニューへ戻る

 

 

スポンサードリンク

大切な家族のために、快適な暮らしのために、
セコムが24時間365日ご家庭の安全を見守ります。


ページメニューへ戻る

 

コメントを残す