電気床暖房は時代に沿ったお勧めの暖房システムです

5.5.電気床暖房 索引
■■ 電気式床暖房!リフォームするなら床暖房をお勧め
■ 床暖房のお勧め!

快適床暖房 ダイケン■ 暖房施設 ■■ 床暖房方式

■ 床暖房方式には、電気式床暖房と温水式床暖房があります。
■■ 床暖房のお薦め理由
■■ 床暖房の種類
■■ ヒートショック対策
■ ヒートショックってご存知ですか?

■■ 床暖房各種の特徴

電気床暖房は時代に沿ったお勧め暖房

■■ 電気式床暖房!リフォームするなら床暖房をお勧め

■ 床暖房のお勧め!

電気床暖房は時代に沿ったお勧めの暖房システムです。電気床暖房は電気床暖房は時代に沿ったお勧めの暖房です。燃焼式暖房のように火を使わず、また空調のような空気循環式でもなく、頭寒足熱の快適な輻射熱による自然対流式ですので、静かで空気も汚れずクリーンで赤ちゃんにも優しい暖房システムです。暖冷房の空調システムと違って、機器のメンテナンスの必要がありません。ただ電気代がかさむことが少々気になる点です。

ページメニューへ戻る

   
  床暖房をお考えであれば、
創業以来、自然環境を大切に守りながら斬新的な開発を心掛け、

建材事業で顧客に満足を提供し喜ばれることをモットーの
大建工業株式会社の床暖房システムと指定されることをお勧めします。
大建工業
ダイケンの床暖房に適した床材はこちら
>これありマーケット
工務店に見積もり依頼するなら
■ 【リフォームのコトならリノコ】
建築設計を依頼するなら 
■ 【設計・建築の無料相談・見積】建築家オウチーノ
から複数の見積もりを取り寄せ、比較検討できます。

ページメニューへ戻る

 

 ■ 暖房施設

暖房設備の熱源には、電気、ガス、灯油、太陽熱などがありますが
ここでは熱源を電気に絞って進めます。

部屋の暖め方

部屋を暖める暖房方式には、大別すると対流式と放射式になります。

・対流式

暖められた空気は上昇気流となり、
冷たい空気は下降気流となって対流します。

この空気の対流を使って部屋全体を暖める方式です
代表的なものとして、
エアコン、石油やガスのストーブ、ファンヒーターがあります。

・放射(輻射)式

床面を暖め、
その放射熱によって部屋を暖める方式。

ページメニューへ戻る

 

■■ 床暖房方式

 

■ 床暖房方式には、電気式床暖房と温水式床暖房があります。

いずれの場合でも、室内の温度差を少なくするために、
お部屋の床面積の60%以上の面積を40~40℃程度に加熱し、
部屋の温度を20℃前後に保つようにします。

電気床暖房

電気床暖房は、電気を熱源として用いた暖房方式で
ニクロム線を使った方式と、カーボンを使った方式があります。

カーボン方式の方が熱効率がよく、厚みも薄くて良いので、
マンションのリフォームに向いているといわれています。

お部屋の快適床暖房と洗面、浴室、トイレの暖房
お部屋の床張替えを含む住宅リフォームをするなら、
床暖房することをお薦めします。

温水床暖房

床にパイプ(これまで銅管が主流でしたが、
最近はポリエチレン管が使われています。)を埋め込み、
ボイラーなどで温めた温水を循環させて温める方式です。

ページメニューへ戻る

 

■■ 床暖房のお薦め理由

  音もなく静かで、空気も流れず、空気がキレイで、
しかも温風を噴出さないので不快な臭いもなく、
頭寒足熱を地で行く床暖房は、心地良い快適さそのもです。

輻射熱で暖めますので空気乾燥がないので、
肌やノドを痛める心配もありません。
 
しかも水蒸気を発生させないので、
結露を抑えカビやダニを寄せ付けません。

ですから、お部屋のどの場所であっても、
万遍なく、快適な心地良さを味わえます。
 

ただし、注意点もあります。

◆ 床が暖まり、部屋が暖まるまでの立ち上がり時間が遅いため、
暖房を入れたり切ったりする、まめなコントロールには効果的ではありません。

◆ 低温やけどに注意が必要です。

◆ 床暖房は発熱材、断熱材そして温度制御システムなどを
組合わせた施工になりますので、安心して長期間利用し稼動していくには、
床暖房に精通した業者に依頼することが大事です。

床暖房を採用されるときには、
施工後の管理責任のシッカリした業者が頼りになります。
工務店に見積もり依頼するなら
■ 【リフォームのコトならリノコ】
建築設計を依頼するなら 
■ 【設計・建築の無料相談・見積】建築家オウチーノ
から複数の見積もりを取り寄せ、比較検討できます。

ページメニューへ戻る

 

■■ 床暖房の種類

 
電気式使暖房

・一般電力     :耐用年数:30年
・深夜電力蓄熱式:耐用年数:30年

温水式床暖房

・都市ガス ボイラー:耐用年数:10~15年、点検は毎年必要
・灯油 ボイラー  :耐用年数:15~20年、点検は毎年必要

維持管理及び耐用年数は使用メーカー及び業者に確認してください。
(設置費用:床張替え費用+暖房工事費+器材費)(ランニング費用は光熱費+維持管理費)

どの方式を選択するかの目安は、使用面積や利用時間によって変りますので、
詳しいことは業者と打合せしてください。

ページメニューへ戻る

■■ ヒートショック対策

 

■ ヒートショックってご存知ですか?

温度の急変で受けるからだの衝撃のことで、
暖房したお部屋から用足しにトイレ或いは入浴で脱衣所に移動したときの、
温度変化によって人体に受ける衝撃事故をいいます。

トイレなどの暖房は、温風式は臭いが還流するのでお勧めできません。
快適な暖房器具として、オイルヒーターがお勧めです。

 ページメニューへ戻る

 

■■ 床暖房各種の特徴

 
一般電力電気式床暖房
暖房の立ちあがりが早い。
操作が簡単。
耐用年数が長く、基本的にメンテナンス不要。
蓄熱式電気床暖房
1日中暖かくしておきたい方向きで、
広い面積の暖房に向いています。
イニシャルコストは高いが、ランニングコストが安い。
耐用年数が長く、基本的にメンテナンス不要。
画像は電気式なので安い深夜電力を利用した蓄熱です。
温水式ガス床暖房
広い面積を長時間暖房したい方向き。
温度の立ち上がりが早い。
ボイラー耐用年数:10~15年、点検維持管理費は毎年必要
温水式石油床暖房
ランニングコストが安い。
広い面積に向いている。
ボイラー耐用年数:15~20年、点検維持管理費は毎年必要

住宅リフォームを機に是非ご採用して、快適にお過ごしください。
床暖房は特に、小さいお子様やアレルギーをお持ちの方にはお薦めします。
詳細については、施工業者とよくご相談ください。

 

工務店に見積もり依頼するなら
■ 【リフォームのコトならリノコ】

建築設計を依頼するなら 
■ 【設計・建築の無料相談・見積】建築家オウチーノ
から複数の見積もりを取り寄せ、比較検討できます。

ページメニューへ戻る

 

 

スポンサードリンク

【リフォームのコトならリノコ】

TV東京「ワールドビジネスサテライト」、
日経トレンディなど 各種メディアで紹介されました

【総合リフォームサイト リノコ】

豊富なリフォームの経験と知識で リフォーム・コンサルタント対応します。

・料金に関する不安解消 材料費・工事費用・保証費用・撤去費用・
人件費・交通費などを全て含んだ定額コミコミ価格
ご提示しますので、料金に不安はありません。

見積りはHP上で2分で作成可能(無料)です。
お客様の家に伺い見積もりを作成する
「現地調査」も無料です。お気軽にご相談ください

<

p style=”padding-left: 30px; text-align: right;”>ページメニューへ戻る

コメントを残す