欠陥住宅とは?安全や長持ち、快適さを損なう不具合住宅

索引
安全や長持ち影響する欠陥住宅防止策
安全や長持ち・快適さを損なう欠陥の恐ろしさ

欠陥住宅とは、そもそも何なの?

1. 地盤と構造計画と施工技術の真心の問題です。
2.欠陥住宅とはどのようなものか?
安全や長持ち・快適さに影響する不具合を解消し耐久性を追及
リフォームは安全・長持ち・快適さ創出の絶好のチャンス

安全や長持ち影響する欠陥住宅防止策

安全や長持ち・快適さを損なう欠陥の恐ろしさ

欠陥住宅とは!

【要旨】欠陥住宅とは建築基準法などの法令基準を満たしていない住宅や、設計図とおりに施工されていない住宅、耐震性や耐久性などの安全性、快適性の要件を満たさない住宅などのことを示す。ただし、経年変化による自然劣化は、欠陥住宅に含まれません。
このサイトでは、安全や長持ち・快適さに影響する不具合である、雨漏りする家、お風呂場壁の水漏れ、外壁雨漏り、壁体内の蒸れ、結露などの欠陥が、住宅の安全や長持ち(耐久性)・快適さに影響し、欠陥住宅の怖さを知って、不具合対策に取り組んで貰えればと思います。

 

安全安心 無添加住宅
工務店の資料一括請求!
ウォーターサーバーCoolQoo

欠陥住宅とは、そもそも何なの?

冒頭で説明したない世なのですが、
ここでは角度を変え、別の視点で検討してみます。
1. 地盤と構造計画と施工技術の真心の問題です。

建物の構造計画は、人の安全を守り、
建物の寿命である耐久性を決めていきます。

建築は基礎工事に始まり、
土台や柱、梁などの構造材を組立てます。

この時に欠陥として生じやすい問題が、
基礎工事を開始する前の、
敷地の地盤強度と湿気の状態、
即ち地盤が大事であるということです。

構造材の仕口加工に関わる問題で、
密着精度が悪いと、建物に歪みや狂いを生じます。

最近は、これらに問題はないと思いますが、
昔の住宅は、クサビで引き寄せ緊結性が高く
筋違いなど入れなくても、
びくともしなかったのですが・・・。

最近はプレカット加工が多くなり、
精度も高くなっているようで、

加工面においては大工さんの腕の差を
気にすることもなくなり安心できます。

ただし、木材は経年で乾燥し、
緊結金物との間にガタツキが生じることもあり、
点検は必要です。

大きな問題は、地盤の問題と工務店の姿勢の問題が、
住まいの欠陥に影響することは間違いないと言えます。

ページメニューへ戻る

2.欠陥住宅とはどのようなものか?

住宅維持管理不足により
構造材や外部木材の風化による傷み、

シロアリなど害虫による構造材侵食による傷み、
浴室等の水回りの水漏れや湯気などによる傷み
等といった状態にある住宅が欠陥住宅に相当します。

ただし1項の建築立地によるものについては、
建築初期に十分な処置を施すことが必須ですので、
十分な住機能を果たしているものと考えられます。

それ以外に、木材特有の自然乾燥から来る狂い、
施工不備によるものなどが考えられ、

自然乾燥がもたらす木の縮みや歪みについては、
定期的な維持管理の下に、住機能を維持しましょう。

 

施工不備即ち手抜き工事については論外のことです。

 

先にも述べたように、人は皆、
今が幸せで無事に過ごせているときには、

対岸の火事を見ても自分には関係ないと
当たり前のようにして過ごしています。

その為に、費用も嵩みがちで面倒な維持管理には、
なかなか取り難い面があろうかと思います。

ですが、外壁の汚れや亀裂などについて、
余り無頓着が過ぎると、
欠陥住宅を招く可能性が高くなり、とても心配です。

そこで欠陥住宅について、
過去に体験した中から2つ3つ実例を挙げますので、

同じような欠陥住宅とならないように、
定期的な維持管理を実施し、

ご家族唯一の拠り所を大切に守り、
いつまでも豊かな家族生活を送るようにしましょう。

ページメニューへ戻る

安全や長持ち・快適さに影響する不具合を解消し耐久性を追及

住宅の欠陥を解消し、
安全安心、長持ち、快適さを満たす住宅を維持するには、
適切な維持管理を定期的に行うことが住む人の大事な責務です。

住まいは、維持管理を定期的に行うことで、
建物の不具合を早期に見つけ出すことができ、

建築物の傷みを軽傷の内に回復することができ、
安全安心、長持ち、快適さを満たす
高耐久住宅を維持することができます。

しかも処置方法も簡単に出来ますので、
お金もそれほどかけなくても、安価で対応できます。

例えば外壁に小さな亀裂があっても、
このくらいなら大丈夫!と、何の処置もせずに、

そのまま欠陥を放置してしまえば、建築物は徐々に蝕まれ、
いつの間にか大きく浸食されていしまうのです。

そのため、万一の災害から家族の安全を守れない、
危険な住宅となり、資産価値さえも失ってしまいます。

あなたにとって大事な家族の生命財産守るために、
耐久住宅機能を果せるように、維持管理しましょう。

ページメニューへ戻る

リフォームは安全・長持ち・快適さ創出の絶好のチャンス

 

住まいは、は安全・長持ち・快適さ創出し、
人に『安心とやすらぎ』を与えることが必須条件です。

その為に住まいは、住まいとしてのあるべき機能である、
「住む人の安全を守るシェルター機能」
を最低限維持し、住機能を果たさなければなりません。

地震災害による建物の倒壊や損壊する原因の多くは、
住まいの欠陥による倒壊であると言われているのです。

台風や地震などの災害が起きたときに、
家の倒壊や損壊を招くことなく、

住む人の生命財産を守る住機能が満たし、
住む人を安全に守りきるだけの強さは、最低限必要なのです。

万一住まいがなくなれば、
家族の一番の拠り所を失い、途方に暮れるのです。

ご家族の安全と無事を願うのであれば、
普段から維持管理を行い、
耐久性を保つことは必須事項なのです。

普段から、いつもの平和な暮らしに慣れきっていると、
自分の家だけは、大丈夫!

自分の家は傷んでいないものと、妙に信じ込み、
維持管理を疎かにして仕舞がちですので注意しましょう。

住まいの欠陥は、表面的よりも
壁の中や天井裏、床下などの目に見えない隠れたところが、
やられてしまうので厄介です。

自分で点検ができないときは、
信頼できる工務店に依頼してでも、維持管理に努めましょう。

そこで一つ質問です。

あなたのお住まいが、
万が一不幸にも、災害等に遭遇し倒壊してしまった時には、

一体、だれが責任を負うのでしょうか?

このようなことを考えてみたことがありますか?
地震や天災だから仕方ないよ!

と慰めて終わりで良いのでしょうか?

あの時、こうしておけばよかったという、
後悔だけはしたくないですよね!

リフォームを思い立った時こそ、
見直しのチャンスです。

ご家族全員で、お住まいの安全について
話し合いをしてはどうでしょうね?

ページメニューへ戻る

 

 

スポンサードリンク

健康住宅、注文住宅なら世界で一番自然に近い
家の無添加住宅 資料請求はこちらから。


<

p style=”text-align: right;”>ページメニューへ戻る

コメントを残す