住宅の結露対策!結露の原因と住宅の安全対策を検討する

索引
住宅の結露の原因と対策を検討する

過去にこんなケースがありました。

結露による害

結露防止策

防止対策のポイント

床下の湿気による結露防止

住宅の結露の原因と対策を検討する

結露は空気中の暖かい水蒸気が急に冷やされて水滴になるのが結露です。結露は、押入の壁、ガラス窓、屋根裏、北側の内壁などに発生します。結露を放置しますとカビが発生し、人体に悪影響を与えます。また、壁紙や押入、クロセット内部や家具、カーテンなどをもカビさせて汚し、建物耐久性を退化させる住まいの大敵です。

安全安心 無添加住宅
工務店の資料一括請求!
ウォーターサーバーCoolQoo

ページメニューへ戻る

過去にこんなケースがありました。

新築の平屋住宅のお客様から、天気が良いのに雨が漏る。
直ぐ雨漏りの修理に来てくれとの電話でした。

天気なのに雨が漏る?とは、どの様なことなのか不思議でしたが、
現地を見ると、成る程、押入の壁が濡れていたのです。

壁だけでなく、布団まで濡れていたのです。

実は、これは雨漏れではなく、結露だったのです。

その原因は外が寒く外壁や窓ガラスを冷たくし、
室内では、水蒸気を多く発生する石油ストーブでガンガン暖め、
同時に水蒸気も多く発生させているために結露が起こリやすいのです。

そうです。
結露はどうしてできるのか?
結露の正体は空気中の水蒸気なんですね。

当時、この問題を解決する為には、
押入の中の空気循環をよくすることにあります。

そうするには、布団の下にスノコを敷き、
壁との間に隙間を作り、襖を少しあけるようにお願いしたのです。

その結果、すべてが解決した旨の報告を頂き
一件落着したケースがあったのです。

この時代には、未だ断熱材などは無かった時代ですので、
建物内外の温度差も大きかったように思います。

今日では、暖房もエアコンに変わり蒸気の発生が抑えられ、
断熱効果も有効に作用して、
結露の発生はガラス窓に集中しているようです。

今日的には、窓の結露防止には、
二重サッシにすることをお奨めします。

出来れば、ペアガラスにして、
空気層の機密を守ることが効果的です。

最近のリフォームでは、インナーサッシと云う
樹脂で作られたサッシがありますので、

このサッシを取り付けることで、
殆ど解決できると思います。

それと、マメに換気をすることが効果的ですので、
換気にも心がけるようにしましょう。

また、高窓には寒さ防止をかねて、
裏地つきのカーテンを床まで長くすることも、
効果があるようですので、参考にして下さい。

ページメニューへ戻る

結露による害

結露による害には、大きく分けて次の通りに大別されます。

○住まいへの害:

住まいの構造体内にカビを発生させて、
建物自体を傷めたり、壁紙や押入、
クロセット内部や家具、カーテンなどを
かびさせて汚したり、いためたりします。

○人体への害:

結露は、カビやダニなどの発生といった二次的害をもたらし、
アレルギー疾患の悪化を招いたり、

ぜん息など健康面でもリスクが高まりますし、
健康面に不快感を与えます。

ですから、結露を発見したら、必ず拭き取り、
カビやダニの発生などの二次的害を減らすことが大事です。

木造建築では、長期間結露にさらされる状態は大敵です。

特に薄いベニヤ合板が張られている押入床などは、
常に結露にさらされると、紙のようにもろくなることがある。

かといって、
結露自体にあまり神経質になる必要はないのですが、

住まいの隠れた部分にできる結露は、
ずっと放置されたままになり問題となります。

隠れた部分にも、気配りが必要なんです。

ページメニューへ戻る

結露防止策

リフォームで対応する場合:

ペアガラス/ 二重サッシ/調湿建材(珪藻土など)/断熱工事など

結露防止対策商品:

除湿機/結露防止シート/結露防止ヒーター/
結露取りワイパー/結露吸水テープ/結露防止スプレーなど

換気と除湿:

換気/除湿/暖房器具の見直し/家具の配置/
湿度を上げる原因を排除などといった解決方法があります。

ページメニューへ戻る

防止対策のポイント

防止対策のポイント

人が生活する以上、水蒸気の発生を避けることは出来ません。
できるだけ「露点」温度よりも低くなる場所を少なくすることが、
結露を減らす為の必要な対策となります。

 

結露を防ぐには、換気をマメに行うことが効果的ですが、
石油ストーブなどによる暖房器具からの水蒸気の
発生を抑えることも大事な対策となります。

昔は、石油ストーブが主流をなす時代もありました。

石油ストーブは、灯油1リットル燃やすと、
1リットルの水分を発生するといわれています。

ページメニューへ戻る

床下の湿気による結露防止

床下の湿気による結露防止

昔の家は、床下に潜って、
よく遊んだことがある方もいらっやると思います。

最近では、帯状の布基礎が多くなって、
床下の入ることが難しくなりましたね。

建築基準法では、住宅の地面から床下までを、
45cm以上にすることが原則となっています。

この床高は、床下の湿気を防ぎ、
通気性を保つ為に必要だとされています。

床下の湿気が十分に排出されませんと、結露が発生します。
この結露によってカビが発生し、増殖し、

木材に付着したカビは腐朽菌とも呼ばれて、
木材を分解してしまう大敵です。

更に厄介なのが、冬に床下が結露すると、

春先以降にシロアリの発生を助長します。

シロアリが地中から、床下へと侵入してくるのです。

まさしく浴室周りと同じように、
大地震による住宅倒壊の4分の1が、
シロアリや水回りの腐朽によるといわれています。

最近の住宅では、湿気防止も含めて、
ベタ基礎や防湿シートが用いられ、
安心住宅の採用が多くなっています。

リフォームを行って湿気を防止するには、
換気口の設置や吸湿材として調湿炭を敷き詰めることや、

建物の床・壁・天井全体に、断熱材を隙間なく施工し、
室温の急激な変化をなくす対策などがあります。

断熱方法には、内断熱方式、外断熱方式の工法があります。

単に結露ばかりでなく、
冬は寒さ、夏は暑さを防ぐ省エネ対策としてもご検討ください。

今日的には、壁に空気層をつくる
外断熱工法が効果的であると言われています。

このような結露対策の必要性を知った上で、
施工業者とよくご相談下さい。

ページメニューへ戻る

 

スポンサードリンク

健康住宅、注文住宅なら世界で一番自然に近い
家の無添加住宅 資料請求はこちらから。


ページメニューへ戻る

コメントを残す