雨漏りは怖い!家族と財産など全てを失う原因に

索引
雨漏りは怖い!怖い理由はこれだ
雨漏りの怖い理由はこれだ
まず、雨漏りとは
雨漏りとはどういうことでしょう

雨漏りによる構造材の傷みや欠陥は外見でつかみ難い
雨漏りはなぜ怖い!

雨漏りの怖ろしい現場体験談
小さな外壁の亀裂からの雨漏り

壁体内の結露や蒸れによる欠陥
壁体内の蒸れで生じた構造材などの腐朽

雨漏りは怖い!怖い理由はこれだ

雨漏りの怖い理由はこれだ

雨漏りが怖い理由は、カビやダニ、白蟻の繁殖を呼び、健康に影響を与え、安全安心の要である建物の耐久性を損なうことです。その結果、万一の天災地変から大事な家族や、大切な財産をも守ることができず、全てを失しなってしまうのです。
原因には設計・施工上の欠陥による雨漏り、建物の経年劣化による雨漏りがあります。
雨漏りは実に怖いので、一刻も早く原因を突き止め、補修の上耐久性を高めましょう。

安全安心 無添加住宅
工務店の資料一括請求!
ウォーターサーバーCoolQoo

まず、雨漏りとは

雨漏りとはどういうことでしょう

雨漏りを辞書を調べると、

雨が建築物の内部へ、
意図しない場所から侵入すること。

とあります。

雨漏りの原因として、

・設計・施工の段階での欠陥と建築物の劣化による欠陥

があげられ、雨は天から降るからといって、
雨の侵入場所は、何も屋根だけでなく、
壁や窓からの雨漏りや外壁の亀裂などもあります。

ページメニューへ戻る

雨漏りによる構造材の傷みや欠陥は外見でつかみ難い

雨漏りはなぜ怖い!

住まいの安全機能である耐久性を
奪い取ってしまう恐ろしさを持つ雨漏りは、

正に「千丈の堤も蟻の穴より崩れる」の格言通りで、

雨水は、ホントに小さな隙間や切れ目から、
じわじわ~っと住まいの隅々にまで侵入し、

建物の心臓部である構造材を腐朽させて、
遂には耐久性を失い、建物としての安全機能をなくし、
住まいの遺物と化してしまうから怖いのです。

雨漏りは容易に建築構造材を腐朽させ、
安全を奪いますから、些細なものと思わずに、
丹念な維持管理に努めましょう。

雨漏りによる構造材の傷みや欠陥は、
建物の外見だけで欠陥を見つけるのはとても困難です。

雨漏りがあれば、信頼できる工務店または
第三者の保証機関に、依頼することをおススメします。

外壁に見られる、小さな亀裂なんだから、
雨漏りなんかしないよ、大丈夫だよと、
気軽に思っていませんか?

人間の体も、不治の病と言われる病であっても、
早期発見、早期治療で大事に至らず、
元気な体を回復できるのです。

雨漏り対応も全く同じです。
早いうちに手を打てば、恐れるに足らずです。

早期発見、早期改善の維持管理に努め、
次の現場体験記でご理解頂ければ幸いです。

ページメニューへ戻る

雨漏りの怖ろしい現場体験談

小さな外壁の亀裂からの雨漏り

ここでの話は、大分昔に遡りますが、
雨漏りがするのに、工務店がなかなか対応してくれない。

良ければ、見て欲しいとの依頼を受け時の体験談です。

実は、腹の中で、
大げさな問題ではないだろうと思っていました。

それは、モルタル下地には、防水シートをキチンと施工し、
外壁の吹きつけ材も、伸縮性のある防水効果の高い

材料を使うのが、私達の施工では
当たり前でしたので安心しきっていたのです。

ところが…、
壁をはがして見たところ、その勘は見事にはずれ、
構造材である柱が、フカフカに蒸けた状態にびっくり…。

これでは、万一の大地震がやってきたら、
大変な結果になるぞ!

と思い、柱や筋違いの交換を含め、
影響を受けた部分を全てやり直すよう
工務店に指導したことがありました。

外壁の亀裂を見た時に、小さな亀裂であった為、
これ程まで重大な欠陥をもたらしていたとは
想像を超えていました。

このように本当に小さな亀裂でしかないのに、
と思えるようなことが、恐ろしい結果を招いていたのです。

住宅の維持管理が如何に大事であるかということ、
そしてほんのわずかな亀裂が、構造を蝕み、

安全機能を失い大変な事態を招くのだ、
ということを、お分かり頂けると思います。

このような雨漏りの恐ろしい事実を知って頂いて、
住宅の維持管理の大切なことを理解して欲しいと思います。

大切なお住まいを長持ちさせて、
安心とやすらぎのライフステージとなるように、
住まいにもご家族同様の愛情をかけてください。
どんなに些細なことでも親身な心遣いで、
住まいのパートナーである工務店に遠慮せず、
相談を持ちかけましょう。

ページメニューへ戻る

壁体内の結露や蒸れによる欠陥

壁体内の蒸れで生じた構造材などの腐朽

欠陥住宅の事例を挙げてきましたが、
住宅は多くのパーツで組み立てられているせいか、
沢山の問題点があることも事実です。

住まいの欠陥で怖いのは、建物の傷みを
外見で識別することができないケースが多くあります。

こんな事例もありました。
知人が建てたのは
2×4(ツーバイフォー)工法による住まいです。

2×4が出始めの頃は、間柱などの使用木材の多くが、
グリーン材という未乾燥材で、
この材を用いて建築されていたのです。

外部と内部の壁空間(間柱のある部分)は、
2×4は在来住宅のように、

壁空間には空気の還流がないので、
壁体内は熱により水蒸気が発生し、壁体内に籠もり

蒸し風呂ような状態を招き、
間柱をはじめ壁下地までもが蒸けてしまい、
ボロボロになっていたのは驚きでした。

その様な状態でも、
外壁のモルタルや内部の耐火ボードには、
外見的に異常があるようには見えませんでした。

このようにリフォームして始めて
危険な状態が分かるケース多いのです。

勿論中には、鉄道車輪検査のように、
音で調子で判別出来るケースもままありますが、
素人が判断するには無理もあるようです。

最近の住宅には、伝統的な在来軸組み工法意外に、
大手ディベロッパーの独自開発による、
色々な工法が生まれ、その経過年数も浅い為に、
どの様な欠陥が出てくるのかよく分からない。

これが現況だと思います。

丁度日本が戦争の勝てなかった理由の一つに、
航空機や艦船などの使用パーツに
共通性のないことがあったように、

今日の住まいのメンテナンスが、
それぞれの工務店、ディベロッパーでしか
対応できないこととなっては、独産制を招き、
価額競争ができないために少し疑問が残ります。

このような疑問点があっても、
住まいの欠陥も人と同じように早期発見して、

住まいにも愛情を注ぎ、早い内に手当をするなら、
住宅はそれに応えて、末永く、
住む人を優しく守る住機能を果してくれます。

ですから、維持管理を定期的に
愛情をもって実施されることをお奨めします。

そして、新築住宅でもリフォームでもあれ、
余り価額面にこだわり過ぎますと、

期待外れの結果をもたらす恐れもありますので、
十分に注意して、施工業者を決めて下さい。

維持管理を依頼されるときには、
信頼できる業者(工務店)あるいは、
第三者の保障機関を選ばれてはどうでしょう。

ページメニューへ戻る

スポンサードリンク

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】

<

p style=”text-align: right;”>ページメニューへ戻る

コメントを残す