3.5.お部屋の片付けのコツ!運気をよくする上手なお部屋の片付け方

3.5.お部屋の片づけ方法Top索引
運気をよくする上手なお部屋の片付け方!
■ 『片付のコツ』はを片づけの悩みを解決します

綺麗なお部屋に活力戻り運勢も向上
お部屋を上手に片づける方法
■ お部屋を上手に片づけるには

黄金則に則り4つのステップで片付収納を進めます。
収納の仕方
■ 収納の仕方について

■ 収納場所の選定について
自分に合った収納
■ 自分に合った収納とは何

運気をよくする上手なお部屋の片付け方!

■ 『片付のコツ』はを片づけの悩みを解決します

お部屋をきれいにしたいけれど、なかなか思うように片付けができないと悩んでいませんか?スッキリ整理されているお部屋は、それだけで運勢が良くなると言われています。キチンと整理整頓して運気を上げることに気付いた『今』というこのチャンスには、この7ステップに渡る「お部屋の片づけのコツ」が役立ちます。

 

ページメニューへ戻る

綺麗なお部屋に活力戻り運勢も向上

お部屋が乱雑だと、

例えば、

・大事な連絡先の電話番号を書いたメモが見つからず信用をなくすとか、
・宝くじを買って置いておいたけど、券が見つからなくなったとか、
・飲み掛けのコーヒーをウッカリして大事な書物にこぼしてしまった。

などといったことを起してしまうことになりかねません。

このような出来事は、
綺麗に片付いたお部屋であれば防げていたかも知れません。
このように運を失ってから慌てても遅いのです。

一方、綺麗なお部屋は、

自分自身にとっても気持ちが良くなり、作業効率も向上し、
『やるぞ!』という活力も湧いてくるというものです。

ただ美しいだけではなく、
秩序正しく整然としている綺麗なお部屋を見て、
心が爽快になるのは、無意識で綺麗にする魂が整っているのです。

『一事が万事』と言われるように、
きちんと整理された場所を作り出すことで、
身も心もピシッとし、運勢も上がるのです。

片付は誰でも簡単に行うことができ、
しかも運勢が3倍はよくなると言われていますので、
早速片づけ整理整頓をはじめましょう。

片付上手になるには、1年たっても使わないものは、
これから先もずっと使われない。

整理整頓が上手な人は、まず捨て上手になることです。
思い出の品も同じことです。

家のことが何もできないのに、
何が結婚なのか、何が育児なのか・・・
など思ったりしませんか?。

共働きなら一層、男女とも家のことができないと、
お家はグチャグチャになってしまいます。

片付が上手にできない人には、
細かい気配りが出来ないというレッテルが貼られるために、
出世も栄達も、どしゃぶり金運もないのです。

このことは、それができた筆頭が秀吉で、歴史が証明しています。

秀吉は、明るい『大気』と子守で育てた『生活の智恵』そして、
常に努力を惜しまぬ明るく前向きな発展気運が好きだったのです。

ページメニューへ戻る

お部屋を上手に片づける方法

■ お部屋を上手に片づけるには

■ スッキリ片付いてお部屋にしたい
■ お部屋を広々と有効利用したい
■ 来客があった時など、片付けで右往左往したくない

片付け収納が上手くできると、
お部屋は清潔で広々と使いこなすことができます。

また、片付け収納寡婦や用具は、
お部屋の快適空間のレイアウトに欠かせない要素となります。

片付収納は十人十色でも一つの黄金則がある。

「片付け」とは、

「モノを適当な場所にキチンと収める。
乱雑に置かれているものをまとめ整える。」
と辞書に記されています。

しかし、片付収納の仕方には十人十色で、
自分にあった収納方法を持っています。
そして、使う場所や使い方には夫々クセがあります。

ですから、同じ方法が
みんなに当てはまるということにはなりません。

しかし、
こうすれば片付収納が上手くでき、
快適空間をつくれるといった黄金則はあるのです。

ページメニューへ戻る

黄金則に則り4つのステップで片付収納を進めます。

片付け方法1.不要のものを処分:

要るものと要らないものを区分けして、
不要のものを処分します。

片付け方法2.「5つに分野」

いるものについて「5つに分野」に
80%のものが含まれ、整理がつくようになる。

片付け方法3.お部屋単位に収納を分ける。

自分似合った収納:
収納先で、わかりやすい収納の仕方をイメージします。

収納場所(本棚とかタンス、押入など)を特定する。
物を使ったら必ず元の収納場所に戻す習慣をつける。
習慣を長続きさせるコツをつかむ。

片付け方法4.個人と共同部屋の片付けについて

の4段階で詰めていきます。

ページメニューへ戻る

収納の仕方

■ 収納の仕方について

冒頭で述べましたように、お部屋の片付けは、
『自分自身でできる使用目的や使い勝手を考え、具体的なイメージを持つこと』
によって、上手な片付けができるようになります。

片付の方法1~2で、収納の選別が進み、収納するものが決まれば、
それを何処に収納することが相応しいのか、収納場所別に選別されていきます。

すると、自ずとどの様に収納していけば良いのか、イメージが湧いてきます。

そのイメージに沿って、

どの様なものを、
何処に
収納家具や収納棚、押入などの収納庫を使って、
どの様に片付け収納するかということになります。

今ある状態を、ただ続けていくだけでは、
解決できないことは当然のことですよね。

そこで次のことを、考えてみてください。

ページメニューへ戻る

■ 収納場所の選定について


1.どこに収納するか定位置を決めます。

・プライベートのお部屋
・リビング、キッチン、ダイニング、玄関・ホール・廊下の収納庫、
納戸、小屋裏収納、トイレ、洗面所、浴室など具体的にします。

2.どの位の量を収納するのか。

実際に使うものだけを収納することを考えてください。
適切な量だけを収納して、不必要なものは処分するようにします。

3.日常使うものは、身近に置くようにします。

4.年にⅠ~2回程度しか使わないものは、奥の方に収納します

5.DIY道具は、分かりやすい場所に。

6.緊急避難用品の収納場所を決めて周知しておきます。

収納は、使うものを使いやすいようにしないと片付は長続きしません。
片付を長続きさせるコツは、次のことを心がけてください。

1.収納は、収納場所に必要な量だけを揃えておくことが大事。
2.使い易く収納されていること。
3.所定の位置が決まっていること。

 

自分に合った収納

■ 自分に合った収納とは何

自分に合った収納とは、一体どの様なことでしょうか。
収納は、ただ詰め込むだけでは駄目なのです

結論からいいますと、、
『自分自身でできる使用目的や使い勝手を考え、
具体的なイメージを持つこと』

で、自分にとって都合の良い収納を考え出し、
使いこなして習慣化することです。

収納の具体的なイメージを作り出し、
簡単でも良いですから図に書き表してください。

収納イメージを作り出すのに、
「片付のポイント」「収納の仕方」「既製家具或いは注文家具」
などに関する情報を生かしてください。

これ等の情報の中で、
これが相応しいと思うものを自己流にアレンジして、
使いやすい収納を考え、
期待通りのスッキリしたお部屋を実現しましょう。

あとは、お部屋を広く使える様にしたい、
もっと使いやすくしたい、こざっぱりとスッキリさせたい、など、
真剣に考えて行動に移すかどうかだけのことだと思います。

ページメニューへ戻る

 

 

スポンサードリンク

赤やオンラインショップ

ページメニューへ戻る

 

コメントを残す