トイレリフォーム!最新機能とインテリア改善で快適トイレを実現

検索
最新機能と極上の内装で快適トイレ実現
最新機能とインテリア改善で快適トイレを実現

トイレリフォームの要点!

lixil%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac
LIXILトイレ

■ 便器を新規交換やトイレ空間の
全面リフレッシュを考えます。
トイレリフォームのポイント

■ ポイント1.トイレに広さと ゆとりの工夫
■ ポイント2.トイレ収納を考えよう
■ ポイント3.照明器具の位置・換気扇
■ ポイント4.床・壁・天井全体のリフォーム

最新機能と極上の内装で快適トイレ実現

最新機能とインテリア改善で快適トイレを実現

トイレリフォーム!トイレは狭い空間なれど用便や排便状態確認など、人間の健康に最も大切なトイレです。住まいの中では一番小さな空間ですから、新しい用便機能を採用し、内装にもこだわり、トイレの神様に喜んで頂けるよう、思い切ってリフレッシュして見ませんか?

 

【リフォームのコトならリノコ】

無料でリフォーム施工店に一括見積り依頼!

システムキッチンの販売施工

ページメニューへ戻る

トイレリフォームの要点!

■ 便器を新規交換やトイレ空間の全面リフレッシュを考えます。

①水量が少なくてすむ節水型で、ランニングコストの削減。
②ロータンクをなくすなどしてトイレ空間に広さを求める。
③暖房設備を備えて、冬でも快適に過ごせるトイレ空間。
④シャワー洗浄、トイレ暖房などの健康に配慮したトイレ。、
⑤人感感知で便ふたが開く機能などの便利利用で、快適さ充実。
⑥狭い空間だからできる床・壁・天井の素材感を生かす工夫。
⑦狭い空間ですから掃除道具の収納にも気配りが必要です。

細かなことですが、隅丸タイルなどを生かしたインテリアを楽しみます。
狭いトイレ空間であってもやることが盛りだくさんあるのです。
ポイントを抑えて、シックなトイレ作りをお楽しみください。

ページメニューへ戻る

トイレリフォームのポイント

■ ポイント1.トイレに広さと ゆとりの工夫

トイレは1日に何回も使用しますし、排泄は健康のバロメーターにもなります。

トイレには機能として、冬場の寒さ対策をはじめ、
手すりバー、収納、清掃のし易さなどにも気配りが必要です。

トイレ空間の快適さは、

・設備機器を交換して広さを求めたり、
・壁圧利用の工夫や出窓を設置したり、
・明かりや内装を替える工夫で、

ゆとりと寛ぎのスペースを、見違えるように演出することが可能です。

 

 1.便器設備を交換する方法

背面に背負うタンクをなくすことによりスペースを確保する。j-reform_bui10-toilet_image2

最近では、水流や洗浄方法の工夫で、
節水や汚れ防止加工など、と言った機能が充実してきています。

そのお陰で、給水タンクを必要としないタンクレス便器が現れ、
トイレ空間を広く使えるようになってきました。

 

 2.現在の壁の厚みを変える方法

最近多くのトイレは、大壁仕上げとなっているので、j-reform_bui10-toilet_image3
トイレ空間が狭くなりがちになっています。

これを、真壁方式に変更するとか、
外部に面していれば出窓を設けるなどして、
視野を広げる対策をとりいれることで、
快適なトイレに変身できます。

狭いスペースでの5cm、10cmの広がりは、
なかなかの効果的が期待できるものです。

 

 3.照明:現在の明るさを変える

トイレの入口ドアの開き勝手は、必ず外開きか引戸にして、j-reform_bui10-toilet_image4
不慮の非常事態に備えておきましょう。
これは非常時に、外から解錠できることが重要である。
ということです。

 

ページメニューへ戻る

■ ポイント2.トイレ収納を考えよう

 1.トイレ収納

狭いながらもスポイトから雑巾に至るまで、清掃道具や洗剤、
トイレットペーパーなど、物が多く準備されています。
収納がないトイレは雑然として見栄えがしません。

快適さを壊さないようにする為に、片付収納の工夫は欠かせません。
壁厚を利用したニッチ製品の利用や吊戸棚のなどを設けて収納します。

収納を設置するときは、何を収納するか、収納するものを書き出して、
使いやすく収納できる工夫をして下さい。

吊戸棚や棚板だけが収納設備ではありませんで、
結構楽しい演出のできるものが開発されています。

便器・手洗い器・カウンターをシステム化した
製品も開発されていますので、色々検討してみてください。

空間を広げたい。かといって収納も設けたい。
一見相反するようだが、
それもやり方・工夫次第です。

すなわち、便器(洋便式)に坐した目線から鴨居の高さ部分に
目線を遮るような収納を設けると狭く、息苦しさを感じます。

ですからその部分を避けて、収納をデザインするのです。例えば左図のような収納を考えます。

 

 

ページメニューへ戻る

■ ポイント3.照明器具の位置・換気扇

照明器具の位置や照度は適切ですか。換気扇はどうですか。

トイレは、汚物(主に糞・尿・吐物)を処分する機能をもち、
近年これら施設の多くは水洗化されているていますがそれでも、
トイレ内は臭気がこもるため、換気扇を使って排出しています。

その換気扇の掃除は行き届いていますか。

長年の間に結構汚れが、たまっています。
換気扇はよく使用しますので手入れが必要です。
埃を吸い込んで排出する機能を、低下させていませんか。

チェックしてください!

排便後のニオイを排気するのに換気は欠かせません。
ディレイドスイッチを使っていますか。

照明をつけたときに明かりと一緒にファンが作動し、
明かりを消すと、一定時間後にファンが止まるスイッチです。
照明についてはこちらをご覧下さい。

ページメニューへ戻る

■ ポイント4.床・壁・天井全体のリフォーム

どんなに設備機能が新しくなっても、
床・壁・天井の織り成す雰囲気の良し悪しが、
全体のイメージを左右します。

健康的で明るく、温か味のあるトイレに変身させて、
小さな応接間としてスッキリ爽やかの
快適空間を体感してください。

床面をコルクタイルやタイル仕上げ、
壁面には収納を設えて、

クロスは輸入の高級素材を生かし、
出入口は、バリアフリーを考慮して
全体の雰囲気をガラッと変えてみませんか。

これからの高齢化社会に向かっては、
暖房設備や手摺の設置などが必要になります。

更に、広さもとても大事な要素となってくると思います。

またドアーの開閉は外開き又は引き戸となっていますか。

これ等の点についてよ~く検討して、
小さな応接間をつくりましょう。

イナックスのトイレ

j-reform_bui10-toilet_image8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフォームやトイレの詳しいことは工務店とご相談ください。

ページメニューへ戻る

 

 

スポンサードリンク

【リフォームのコトならリノコ】

TV東京「ワールドビジネスサテライト」、
日経トレンディなど
各種メディアで紹介されました

【総合リフォームサイト リノコ】

豊富なリフォームの経験と知識で
リフォーム・コンサルタント対応します。

・料金に関する不安解消
材料費・工事費用・保証費用・撤去費用・
人件費・交通費などを全て含んだ定額コミコミ価格
でご提示しますので、料金に不安はありません。

見積りはHP上で2分で作成可能(無料)です。
お客様の家に伺い見積もりを作成する
「現地調査」も無料です。お気軽にご相談ください

<

p style=”text-align: right;”>ページメニューへ戻る

コメントを残す