システムキッチンとは!システムキッチン選びの問題解消

索引pic_d084
システムキッチンとは!システムキッチン選びの悩み解消
■ システムキッチンとは!

■■ 最新のシステムキッチンを選ぶ方法
■ システムキッチンのスタイルを決める
■■ システムキッチンの機能について!
■■ キッチンづくりの留意点

システムキッチンとは!システムキッチン選びの悩み解消

■ システムキッチンとは!

%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e8%aa%ac%e6%98%8eimage4システムキッチン選びの悩み解消をお手伝い。
システムキッチンとは、共通の色パネル・寸法の収納箱、レンジ・洗浄設備、作業台などを、一枚の継ぎ目のない天板(ワークトップ)で、統一デザインにまとめたキッチン形態を言います。システムキッチンパネル材質には、主に天然木無垢材、天然木突き板、ホーロー、ステンレス、メラミン、メラミン樹脂、化粧シートなどの種類をはじめ、パネルのカラフルな色合や一枚板(シンク、レンジを含む)の天板の選り分けから始まり、収納箱や換気設備などの寸法や形状を、お好みのライフスタイルに合わせて選ぶのですから・・・、迷ったり悩んだりするのは当然かもしれません。
当サイトは、それらの悩み解消に、理想とするキッチンスタイルやレイアウト、機能などを通じ、お好みのライフスタイルに合わせたシステムキッチンを選ぶ要領をお伝えします。

ページメニューへ戻る

お家のリフォームに悩む方は必見サイト!
オシャレインテリア雑貨通販【Homezakka】

モダンリビングを目指すなら
スタイルプロポーザで!

和のモヨウガエ マジキリヤ ミリ単位でドア・ふすま・障子・クローゼットドアを作りします! 

ページメニューへ戻る

■■ 最新のシステムキッチンを選ぶ方法

私たちが望む、理想的なキッチンは、

疲れ難いこと。
作業がしやすいこと。
整理・整頓・清掃もやり易いこと。
お料理をつくるのが楽しくなること。

そんなキッチンではないでしょうか?

機能性や収納力が高く、
カラフルな面材からお気に入りを選び、
設えたシステムキッチン!

あなたの希望を叶えた、
健康的で明るい雰囲気のキッチン、
料理をつくりたくさせてくれます。

以下、システムキッチンを選ぶ要領をお伝えします。

ページメニューへ戻る

■ システムキッチンのスタイルを決める

あなたは、システムキッチンに、
このような希望をもっていませんか?

親子合作の料理作りを楽しむキッチンにしたい。

・大きなシンクを使いたい。
・ステンレスは水垢が付きやすいのでホーローにしたい

お菓子作りが大好きなので、それに相応しいキッチンにしたい。

・人造大理石の大きな調理台カウンターを設けたい。
・人工大理石ならパン生地をこねたり、伸ばしたりしても
 くっつかないので、作業が楽にできそう!
・この作業で粉が散っても掃除のしやすいように、 タイル床にしたい。

いつ誰が来ても、手早いおもてなしが出来る様にしたい。

・出来るだけ動線を短くするためにコの字型キッチンにしたい。
・野菜を洗う、切る、火を使うといった一連の動作が
 スムースに出来る様にレイアウトを考えたい。
・取り出しやすく使いやすい収納をつくりたい。

ワンルームのL・D・K

・休日には家族そろって仲良くお菓子作りを楽しみたい。

料理の腕を上げ、皆にプロ級の美味しい料理を食べさせたい。

・本格派プロ級のハイカロリ―バーナーを用意し
 炒め物、野菜もサッと茹で上がるキッチンを実感したい。
・換気扇も本格的なジャンボフードで、
 油や臭いがこもらないように配慮したい。

子供たちが孫を連れて度々遊びに来るので、

手分けして炊事作業が出来るコの字型キッチンにレイアウト。

・そして、シンクも両サイドに設置したい。
・下拵えから盛り付けまでをスムーズにしたい。
・たっぷり収納で、小ざっぱりしたスマートな収納を考えたい。
・使い勝手の良い、モダンキッチンにしたい。

伝統的な和を大事にした、趣のあるキッチンにしたい。

・親戚が良く集まるので、アイランド型キッチンにして、
 女同士がキッチンを囲んで、お喋りをしながら炊事を楽しみたい。
・ワークトップの下に、収納をたっぷりとりたい。

等、好みのスタイルは、各ご家庭のライフスタイルで選差萬別。
あなたの目指すキッチンは、どのようなキッチンスタイルでしょうか。

先ずは、上記の例のように、
希望するキッチンスタイルをお決めください。

ページメニューへ戻る

■■ システムキッチンの機能について!

I型とL型のキッチンレイアウトについて

・レイアウトのしやすさという面では、
キッチンの広さに関わらず、I型キッチンが優位です。
・I型キッチンは、3m以上になると、動線が長くなりすぎ、
使いにくくなります。
・L型は、動線が短く調理スペースも広く取れる利点があります。
・今日的には、ご家庭の70%がI型を採用しています。
キッチンのレイアウトとスタイルはこちらをご覧ください

キッチンのセット価額の調整が効く。

・セット価額は、扉の面材や機器機能を変えることで
調整が可能で、予算に合わせてフレキシブルに対応できます。

コンロは電気かガスか?

・現在ガスが主流ですが、最近は火を使うより、
安全で空気も汚れず、 熱量もガスに劣らない
ということで、電気が人気の様です。

ただし、鍋と接する面が発熱する仕組みであるため、
中華なべなどが使えない欠点があります。

・住宅火災の原因は、一番が放火で、次が台所にあります。
特に、油で揚げている時の電話対応などで、
火元を留守にしたときなどに起こりやすいそうです。

ですがコンロも最近は、天ぷら過熱防止や消し忘れタイプなど
安全性に配慮されとものが出回っているので安心でしょう。

備えたい便利な機能

・ビルトイン型のオーブンレンジ。
ただ欠点は、屈んだ姿勢を取らなければならないということ。
・食器洗い機は、時間と水の節約に効果的です。
・浄水器の設置。
・キッチンリフォームを機に厨房器具をエコ商品にしませんか

最新のエコ家電製品の機能をタップリ活用して、
料理時間を短縮して、ゆとり時間をつくりだす工夫をしませんか。

洗濯機 / 電気釜 / 電子レンジ / 浄水器など

独立型とオープン型とでは
カラーコーディネイトが異なります。

・独立型では、他との関連がありませんので、好きな色を選べる。
・オープン型では、LDの家具などを意識する必要がある。
お部屋の家具に合わせ、同系色にまとめた方が落ち着きを増します。

ページメニューへ戻る

 

 

■■ キッチンづくりの留意点

キッチンづくりは主役の意見を尊重する

・キッチンのレイアウトやスタイル、ベースカラーを選ぶときは、
主としてキッチンに立つ人、メインで使用する人を中心に、
考え方をまとめていきます。
・最近のシステムキッチンは、進歩が目覚ましく、
多角的に開発され工夫が行き届いています。
あなたの考えがまとまりましたら、百聞一見に如かず、
是非メーカーのショールームを見学されることをお薦めします。

健康的な明るいキッチンづくりに一工夫

・キッチンリフォームに併せ、床に快適暖房を行い、
出窓や天窓などの採用で、外の光を取り込むなど、
床・かべ・天井を相対的に見直ししませんか。
・照明も、楽しいキッチンの演出に役立てましょう。

防火防水対策に配慮しましょう

・一日で一番出入りの多い空間がキッチン。
キッチンは火や水を多く使い、
煙や蒸気そして臭いなどが発生し、
どうしても汚れを生じやすい場所ですので、

 防火防水対策や耐久性、
安全性を配慮したリフォーム。

更に、油汚れにも手入れが簡単にできる材料を使用し、
デザインの効いたキッチンを選ぶことを心掛けましょう。

さらにキッチン全体の通風や換気にも十分な配慮が必要です。

住宅火災報知器

・住宅火災報知器の設置が義務付けれれています。
未取り付けの場合には、
ご家族の安全安心の為、直ぐ取り付けましょう。
住宅火災報知器についてはこちらを参照ください。

防災の備え

・、家具や電気製品などの
・転倒率の高いのが、「本棚、タンス、テレビ、食器棚」など奥行きに対して背の高い家具ほど倒れやすくなっています。

■ 転倒防止グッズ
耐震マット、突っ張り棒、転倒防止板、転倒防止家具、転倒防止ベルト、転倒防止チェーン、
飛散防止フィルム、耐震金具、家具固定プレート・装置、免震装置、引き出しロック、
液晶テレビの転倒防止、扉ロック・ラッチ、ピアノ転倒防止等。
様々な家具転倒防止グッズを、こちらからご覧頂けます

■ キッチン家具はこちらの通販サイトで、寸法や色、形など参考にしてください。
キッチン家具専門店
デザイン家具・インテリア・照明なら【ヤマギワ オンラインストア】

■ 赤ちゃんに優しい水・ウォーターサーバーなら

天然水の料金のみのウォーターサーバー

ページメニューへ戻る

 

 

スポンサードリンク

無料でリフォーム施工店に一括で見積もり依頼!
平均で三社以上ご紹介。かんたんに提案と費用を比較できる!


家のリフォームをしたいと思っても、
 ・施工店・工務店を知らない
 ・調べてもそれぞれから複数見積もりを取るのは大変
 ・本当にこの施工店に頼んでいいのか分からない
という問題があります。

価格.com リフォームでお申し込みいただくと、
お近くの施工店を紹介しますので、

提案と価格を同じ条件で比べることができ、
それぞれの会社のスキルや相場を知ることができます。

お申し込みは簡単、もちろんご利用は無料です。

さらにご紹介する施工店はリフォーム瑕疵保険に対応しています。
瑕疵保険も同時に申し込むことで、万一のミスにも備えることができます。

ページメニューへ戻る

コメントを残す