寝室の照明!安らぎと安眠に欲しい寝室照明の選び方

索引956kc1320lcp_l
安らぎと安眠に欲しい寝室照明の選び方
■ 寝室の照明!

寝室の照明!安心とやすらぎに効果的な灯りとは
■ ベッドルームの照明の例

■ 寝室の照明に適応したバランスとは!
■ 寝室に書斎を併設するとき

安らぎと安眠に欲しい寝室照明の選び方

■ 寝室の照明!

寝室の照明は、まぶしさへの気配りや気持ちの緊張を和らげる配慮が必要です。照明器具をインテリアグッズとして、壁や家具との調和を大事にします。寝室の明るさ調整には、連続調光リモコンの利用すれば、お部屋を動から静へ、静から動へ自由にお気に入りのムードを作り出す効果を期待できます。寝室の照明のあり方、考え方をインテリアと共に工夫しましょう。

 

 

デザイン家具・インテリア・照明なら
【ヤマギワ オンラインストア】

新築、リフォームに最適な総合サイト!!
まずはHPへ検索【Homezakka】

オーダーカーテン専門店

ページメニューへ戻る

寝室の照明!安心とやすらぎに効果的な灯りとは

■ ベッドルームの照明の例

ダブル・モダン・ベッドの両脇にサイドテーブルを置き、快適さとホテルのようなムードをコーディネート。お部屋のインテリアに統一感を出すことを考えて、ファブリックをベッドカバーの柄の色に合わせてセンスアップさせた例です。

bedroom_image00

ページメニューへ戻る

■ 寝室の照明に適応したバランスとは!

寝室照明では、横になったときに、
天井灯やフロアスタンドなどの光源が、
直接目に入って眩しくならないよう気配りします。

直接光源が目に入らないように、
シェードのついた照明器具や
光のやわらかい間接照明などを選ぶと共に、

ベッドから遠ざけた位置に設えることで、
就寝を邪魔せず、安らぎを得ることが可能となります。

照明器具は、壁の素材や家具とのバランス考えて選ぶと、
お気に入りのプライベートイメージ効果を楽しむことができます。

また連続調光リモコンなどを利用すると、
場部相応しい明るさを演出でき便利です。

照明の光源の位置

照明の光源の位置が低いほど、心身の緊張がほぐれますので、
寝室の光源を低位置にしますと、ゆったりした気持で睡眠に入れます。

足元灯(フットライト)

寝室に備えたいのは、夜中の用足しなどでベッドを離れる時の安全に、
ドア付近や廊下にも足元灯(フットライト)を設けて、
障害物を見分けることが出来るようにすると事故を未然に防ぎます。

クロゼット用も忘れずに

寝室には、動線の灯りばかりでなく、
お部屋にあるクロセットの明り取りも必要です。

こんな時に重宝な光源に使われる照明には、
光が拡散しないダウンライトが重宝がられています。

ページメニューへ戻る

■ 寝室に書斎を併設するとき

ベッドルームイメージ5

最近では、寝室をプライベートルームとして、

孤独を楽しんだり、パソコンなどの利用に、
書斎コーナーを設けることも増えているようです。

そんなときには、デスクいっぱいに広がる
書類やペーパー類の邪魔にならない照明を考えます。

bedroom_image4 bedroom_image5

ページメニューへ戻る

 

 

スポンサードリンク

デザイン家具・インテリア・照明なら【ヤマギワ オンラインストア】

■□───────────────────────────────■□
□■ ☆ 照明家具・インテリア雑貨・デザイン家電など豊富な品揃え ☆ □■
■□───────────────────────────────■□
こだわりのデザインアイテムを取り揃えた【ヤマギワ オンラインショップ】

・イタリア・北欧を中心としたブランド家具♪
・著名建築家やデザイナーとのコラボレーションによる照明器具♪
ギフトにもおススメなハイセンスなインテリア小物♪
国内外の輸入・デザイン家電♪

5000アイテム以上の品を揃えた総合インテリアショップ
限定ショップでしか扱うことのできないモデルや特別カラーなど多数!!


ページメニューへ戻る

コメントを残す