照明器具のインテリア効果!照明器具がインテリア商品の主役として脚光

索引

homezakka_shoumeikigu
homezakka_shoumeikigu

照明器具がインテリア商品の主役として脚光
■ 照明器具は光と影のまるで魔術師!
● 照明器具がつくる光と影について、
照明器具で光と影のインテリアを演出
■ 照明器具の創る光と影について

■ 照明器具が人に与える心理的効果と影響
■ 照明器具はインテリアグッズ
照明灯の位置と人の緊張の関係
■ 光源が高いほど緊張も高く、低いほど緊張も低くなる

お部屋を演出する器具の選び方
■ 明りの照射目的と光源の機種と効果

照明器具がインテリア商品の主役として脚光

■ 照明器具は光と影のまるで魔術師!

最近では、灯りの主流としてのLEDや従来の蛍光灯、白熱灯等を用いた、照明器具の光と影の織りなすインテリア効果に人気が高まっています。今日の照明器具は、光と影、静と動の棲み分けが簡単に調節できるようになり、インテリア効果を明りのコントロールひとつで、自由に調節できる機能がもてはやされています。しかも長寿命で電気代も節約でき、簡単にワンステージをTPOに応じて簡単に切り替えられる魅力にも人気です。

 

 

新築、リフォームに最適な総合サイト!!
まずはHPへ検索【Homezakka】

オーダーカーテン専門店

モダンリビングを目指すなら
スタイルプロポーザで!

ページメニューへ戻る

● 照明器具がつくる光と影について、
  デザイナーの遠藤道明氏の考え方に共感しご紹介します。
自然をテーマにしたフランスの見本市に出品された時に、フランス人に、
自然がテーマなのに照明器具のデザインが
本物の葉っぱでなくてイミテーションなのか?という質問に、
遠藤氏は、『照明のデザインや葉を見るのではなくて影を見て欲しい。
僕は形を創るデザイナーではなく、光と影をつくるでざいーです。』
という遠藤氏の言葉に、その照明がつくる美しい影の存在とともに
彼のプロダクトコンセプトは、高い評価を得たそうです。
灯りが創り出す光と影は、木々の木漏れ日であり、流れる雲であり、
木々の枝や夜空に突然現れるオーロラだ。彼の自然との対話は永遠と続くとある。
そして、その影を映す壁やテーブルに実際に手を置き、触れてみたくなる。
大切な人とシェアしたくなる。
時間が緩やかに流れ、こぼれる笑顔とともに交わす会話はやさしく心と記憶に刻まれる。
”当たり前だった毎日”が”特別な一日”に変わる瞬間をあたたかな灯りが映し出す。
あなたは誰とこの灯りをシェアするだろうか?
照明器具がつくる光と影について、
このような思いのあることがあることを知って欲しく掲載しました。

ページメニューへ戻る

照明器具で光と影のインテリアを演出

■ 照明器具の創る光と影について

光が強くなると影が濃くなります。
光と影が映し出す対象物にコントラストが現れ、メリハリが付きます。

そして、あるものを目立たせたり、融合させたりして、
家族のだんらんに、読書に、勉強に、寝室において、
人に影響をもたらします。

さらに、光源の置かれる位置は、
同じ光源であっても、それぞれに違った影響を与えます。

光源の色も、食欲ややる気といった
心理面に影響を与えますので、使い分けが必要です。

これらについて検討しましょう。

コントラストとは、画像や画面の暗い(黒い)部分から明るい(白い)部分までの幅のこと。画像や画面の絶対的な明るさには直接関係ない。コントラストが高くなるにつれて、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗い表現される。高過ぎると中間色の階調が失われ、究極の高コントラストは白黒2値である。
コントラストを低くすると暗い部分から明るい部分までの幅が広くなり、滑らかなトーン表現ができるが、下げすぎるとすべての色が近くなり、のっぺりとしたぼやけた画像になってしまう。ー辞典よりー

ページメニューへ戻る

■ 照明器具が人に与える心理的効果と影響

これまでの住まいは、部屋のあかりに天井灯をひとつ、
といった一室一灯主義が、主体的存在でした。
この方法では、明りの持つ効果を十分生かすことはできません。

照明器具は、部屋全体をただ漫然と明るく照らすだけでなく、

・お部屋を静かに読書する場を演出する。
・家族団らんの場として、健康を意識した全体を明るく照らす演出。
・カラオケなどを楽しむ、スポットを演出。

するなどを考慮して、その時々を快適にすることができます。

それには、お部屋のムードを合わせて

点灯照明の明るさや光源の位置を変える。
光源色の使分けをする

などの工夫で、照明をインテリアとして、
効果的に使いこなすことができます。

部屋でどのような場面を演出するかをイメージして、
LED、蛍光灯や白熱灯はもちろん、
天井灯やブラケット、スポットライトなどをはじめ、
キャンドルの小さな灯火までの灯りを使いこなすのです。

すなわち、
「あかりで暮らしをデザイン」
するということです。

そしてお部屋の使用目的に相応しい灯りの取り方を工夫し、
心から満足できる暮らし生活を味わいましょう。

ページメニューへ戻る

■ 照明器具はインテリアグッズ

照明器具を、明かり取りとしてだけでなく、
光と影を演出するインテリアグッズとして、
部屋の色どりを工夫しながら、癒し効果を高め、
快適環境を実現することができます。

今日の照明器具は、使用する場所の
『ムードを効果的に演出させる光源』
としても多く活用されています。
このような、目的の多様化に対応すべく、
照明器具の種類も豊富に用意されています。

時代のニーズにマッチしたお部屋の演出には、
なくてはならない必需品として、注目されています。

お部屋に、明るさだけの道具から光と影をうま~く働かせて、
お部屋の使用目的に応じた雰囲気作りを目指しましょう。

照明器具は、比較的手軽に扱えますので、
インテリアに効果的演出にお勧めします。

ページメニューへ戻る

照明灯の位置と人の緊張の関係

■ 光源が高いほど緊張も高く、低いほど緊張も低くなる

 

実は、照明灯の位置は、
人の心身の活性化や緊張感に、影響を与えるといわれています。

高い位置から照らす照明は、人の心理的緊張感を高め、
低い位置のスタンドなどの低い位置からの照明は、
人にやすらぎと落ち着きを与えます。

更に姿勢が床に近づくにつれ、緊張状態が下がって、
床に寝込んだ姿勢が一番ほぐれて、緊張が和らぐそうです。

例えば、子供が積極的に勉強して欲しいと願えば、
心身を活性化し、緊張を持たせる必要があります。

その場合には、昼のイメージで昼光色の照明器具を、
高い天井の位置に取り付けると効果が期待されます。

逆に寝室などでは、
できるだけやすらぎの雰囲気をつくりたいですから、

低い位置に、スタンド照明などを置くことで、
やすらぎが得られやすくなります。

照明器具の位置を考えて、お部屋の利用にあった光源を、
どの位置に選ぶか工夫することによって、折々の効果が期待されます。

ページメニューへ戻る

お部屋を演出する器具の選び方

■ 明りの照射目的と光源の機種と効果

 1.部屋全体を照らす  メイン照明+ブラケット
+ダウンライト
 お部屋の全体が
和らいだ安心感を演出
 2.主に天井面と壁面を照らす  間接照明+ブラケット
+スポットライト
 お部屋に広がりを持たせる
効果がある
 3.主に床面と壁面を照らす  ブラケット+ダウンライト
+スポットライト
 シックな重厚感を醸しだす
 4.主に天井面を照らす  ブラケットで天井面を照らす  高さのある天井面を演出
 5.主に壁面を照らす  スポットライト
+窓や壁際のダウンライト
 絵や飾り物を際立たせるのに効果的

このような効果を見ながら、
器具の選択をすると更に面白みが加わります。

ページメニューへ戻る

■ 照明器具選びのポイントとして

  日中の白い光 太陽のような光
クールで活動的な感じを与える:勉強部屋向き
  オレンジ色の光 夕日のような光
温かみがあり、やすらぎ感を与える。:寝室、リビングや寛ぎの場向き。

ページメニューへ戻る

 

 

スポンサードリンク

お家のリフォームに悩む方は必見サイト!
※※海外発!オシャレインテリア総合通販【Homezakka】※※

卸価格で小売りも承ります。
お洒落な生活雑貨・ユニークなインテリアアイテム全揃い。

割れ物も心配なく、大事にお届けします。
新築やお家のリフォームに【Homezakka】が全力応援します。

送料無料なアイテムもたくさん。

詳しくホームページへご検索ください。

<

p style=”text-align: right;”>ページメニューへ戻る

コメントを残す