色彩の心理効果や色の特性を意識して快適なインテリア空間を造る!

ジメニューへ戻る
索引
色を意識した快適インテリア空間つくり
● 色の性質・色の感情効果について

色の見え方と感情効果について
● 色の性質

● 色の3原色と混色%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc
色彩の心理1) 色の効果
● 暖色系と寒色系

● 補色
● 色の持つイメージ
● 配色と調和
● 進出色と後退色
● 膨張色・収縮色
● 生理作用
●筋肉の緊張

ページメニューへ戻る

色を意識した快適インテリア空間つくり

● 色の性質・色の感情効果について

部屋のイメージは色を変えるだけで大きく変えることができます。人は色によって特定の感情を持つようになります。従って色の性質を良く知って、効果的に使用するようにしましょう。色の性質には、「色相」「明度」「彩度」の3つの要素があり、これを色の3属性と言います。ここでは色の性質や感情効果などについて解説します。

 

オシャレインテリア雑貨通販【Homezakka】
 
 

ページメニューへ戻る

 

色の見え方と感情効果について

● 色の性質

色の性質を表すのには、「色相」「明度」「彩度」の3つの要素があります。
○色相:赤、黄、青などの色合いや色味のことをいいます。
有彩色だけが持つ属性です。
○明度:色の明るさのことです。
最も明るい(明度が高い)色は白で、最も暗い(明度が低い)色は黒です。
○彩度:赤という色1つを摂って見ても、
鮮やかな赤もあれば鈍い感じの赤もあるというように、
色の鮮やかさの度合いをいいます

ページメニューへ戻る

● 色の3原色と混色

色を作るには、最小限3色であらゆる色を再現でき、
その3色のことを『三原色』と言います。
色を混ぜ合わせて、違う色をつくることを『混色』といいます。
三原色には、色光の三原色と色料の三原色があります。

 

色料の三原色
int4_image1
色料の三原色は、
赤紫(マゼンダ)、黄(イエロー)、青緑(シアン)です。減法混色とは、
色料の三原色を全て混ぜ合わせると黒色になり、
この混色を減法混色といいます。
色光の三原色
int4_image2
色光の三原色とは、赤・緑・青の三色です。加法混色とは、
色光の三原色を全て混ぜ合わせると白色になり、
この混色を加法混色といいます。

ページメニューへ戻る

補色
マンセルの色相環
manseru-sikisoukan
補色とは、2つを混ぜると無彩色になる色のことです。
無彩色とは

色の三属性である色相・明度・彩度の うち
明度だけをもつ黒・灰・白のように色味の全くない色をいう。

有彩色とは、赤や青のように 色みを持つ色です。

マンセルの色相環上で、180度反対にある色同士が補色となる。

ページメニューへ戻る

色彩の心理

色はさまざまな表情を持っています。
そのため、見る人に色々な感情を引き起こさせます。

受ける感情には、個人差がありますが、
一般的に多くの人が受ける感情には、
一つの傾向のあることが分かっています。

ですから、インテリアの色彩計画に、
色の持つ感情効果を取り入れることは、とても意義があります。

1) 色の効果

● 暖色系と寒色系

視覚的に色を与えて、見る人に温度判断を求める場合

 

 

暖色系 ・ 赤や黄色は温かく感じますので暖色系
・ 暖色系は出っ張って見えますので進出系
・ 暖色系で明度や彩度が高いものは面積が大きく見えるので膨張色
・ 暖色系は気持ちを高ぶらせやすいので興奮色
・ 一般に赤や黄色の暖色系は食欲を増進させる
・ 時間の短縮
赤や橙、黄色の内装は刺激が強く、中にいる人は疲れを感じてしまい、
時間の経過を長く感じさせる影響があります。
客の回転を早くしたいお店側か らすれば、好都合な効果を発揮します。
寒色系 ・ 青や青緑は少し冷たく感じますので寒色系
・ 寒色系は引っ込んで見えるので後退色
・ 寒色系で明度や彩度が低いものは面積が縮んで見えるので収縮色
・ 寒色系は気持ちを落ち着かせる効果があるので沈静色
・ 青や紫は食欲を減退させる食事への影響がある
・ カフェやギャラリーなどの比較的のんびりと過ごしたいと云う場所向けには、
寒色系の色が、時間の経過を最小評価させるので、
効果的な働きが期待できます。

 

暖色系 寒色系 高明度 低明度
clipimage_07 clipimage_08 clipimage_09 clipimage_10

ページメニューへ戻る

● 色の持つイメージ
軽い色・柔らかい色 ・ 明度が高いと色は軽く感じる
・ パステルカラーなど明度が高く彩度の低い色は柔らかく感じる
重い色・硬い色 ・ 明度が低い色は重く感じる
(落ち着いた内装にするには床の色を低明度、低彩度にする)
・ 明度の低い色や彩度の高い色は硬く感じる

ページメニューへ戻る

● 配色と調和

色と色を組み合わせることを配色といいます。
心地よい結果を感じさせるものを、調和してるといいます。

ページメニューへ戻る

● 進出色と後退色 

同じ画面に描かれた色でも、暖色系の赤や黄色の方が
寒色系の青や紫より前にでてみえる。
これを進出色とか、後退色と呼んでいます。
一般に長波長の赤、橙、黄などの色は進出し、
短波長の青、菫などは後退して見えます。
そして明るい色や鮮やかな色は、
暗い色や濁った色よりも進出して見えます。
部屋を少しでも広く見せたい時には、
後退色を使って まとめると効果的ですが、
明度が低いと重くなりますので注意が必要です

ページメニューへ戻る

● 膨張色・収縮色

膨張色と収縮色 図柄の形や大きさが同じでも、
色によっては大きく見えたり、小さく見えたりすることがあります。
このような大きさの知覚現象は、膨張色とか収縮色といわれています。
暖色系の方が寒色系より、
明るい色の方が暗い色より大きく見えます。
また周囲の色が明るいほど、図柄の色はちいさくみえる。
明度と見かけの重さ
明度によって人間の心理を動かすことができる

ページメニューへ戻る

● 生理作用

天井が明るく、床を暗く、壁や柱をその中間色にすることで
安定感を得ることができます。
天井に暗い色を用いると、
押しつぶされたような気持となり不安になります。
食欲をそそる色には赤、橙、黄でその逆は青や紫です。
食べ物その物の色も大切なことなのですが、
それを盛り付ける器がもっと重要となります。
例えば、マグロの刺身には、
必ず緑色のシソの葉が敷かれています。
これは、単に見栄えを良くするだけでなくマグロの鮮度を、良く見せ、
食欲を増強させる効果を狙っているのです。

ページメニューへ戻る

●筋肉の緊張

筋肉の緊張を高めたり、和らげたりする色もあります。
ベージュや青、緑が筋肉を弛緩する色で、
逆に緊張興奮させる色は黄、赤、橙、です。
日本人にとって天井、壁、畳そして木部などの、
ベージュ系で統一された和室には、
筋肉組織の緊張感を低下させる効果があるのです。
このように色彩や明度は人間の食欲、親近感、時間の経過
そして温度感まで広くかかわり、同時に、、
人間の心理的な面にも深い関与が認められています。
お部屋つくりを考える場合には、
使用目的に応じて応用の仕方を考えることで、
個性を演出できるようになります。
 

 

コメントを残す